Page up▲

Naoten、自動車保険を更新する。

先ほどようやく自動車保険を更新しました。

現在加入中の自動車保険が12月8日に期限が切れるので、
既に一ヶ月を切っていた訳ですが、
ようやく重い腰を上げた事になります。

前回は初めてソニー損保の保険に変えました。
新規の場合、インターネット割引で10,000円OFFとなった事もあり、
かなり贅沢な保険プランにしたのですが、
継続では2,000円しかOFFらないので今回は保証内容を大幅に見直しました。

結果として、1万円以上年間保険料削減。


保険料
左が今回設計した金額。右が前回同等プランの場合の金額。

もちろん、それは保証内容の質を下げる事になるのですけど、
可能な限り、合理的に質を下げたつもりです。

(以下、追記へ。)


 
合理的に、と書きましたが、
保険料を下げる方法はいくつかあるのだと思います。

簡単に思いつくのは

・各種支払われる保険金額を下げる。
・不要な特約を外す。
・車両保険を外す。

あたりです。


ですが車両保険はNaoten的に外せません。

理由は長いので読みたい方はこちら。



車両保険が外せないならばと各種保険金額を下げてみましたが、
トータル的な金額は100円~500円とかしか変わらず、
また特約を外しても(ファミリーバイク特約とか大物じゃなければ)
基本的にオプション的な役割なのでそこまで金額は変わりません。
(むしろ、対物超過修理費用特約とか絶対外しちゃ駄目!!)

そこで目をつけたのが車両保険の免責金額でした。

今まで1回目0円―2回目10万円だった免責金額を
思い切って1回目10万円―2回目10万円に上げました。

これだけで7000円ほど金額が安くなりました。

免責金額と言うのは車両保険が修理などに支払われる際、
まず契約者が払う金額となります。

修理に30万円かかったら、
10万はNaotenが支払い残り20万は保険会社が支払う、
と言う訳です。

自己の負担は増えますが、保険料はぐっと安くなります。
またケースによって免責金額は払わなくても良い場合もあります。
(その辺りは保険会社によって条件が違う可能性もあるので割愛。)

そんな訳で、その他の金額も細かく調整を続けて、
ようやく1万円OFFを実現した訳でした。

以下、主要契約内容。
(左が今回の見直し後の契約内容。右が前回の見直し前の契約内容。)

保証内容
表示されていないところでは、おりても特約を解除。それが3,000円ほどOFFになった。

保険というのは一般人には解りづらく、
結局何が正解かと言うのはその人それぞれのケースもあり非常に判断が難しいですが、
維持コストと照らしあわせて、自分なりのプランを検討して見てくださいませ。



 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS