今回もかなり血沸き肉踊りました!



ガンダムビルドファイターズ第8話_0001
まさかそこにしまってあるとは!!



(以下、ネタバレ含むので追記へ。)

 
OPやEDには最初から登場していたニルス君も今回が本編初登場だった訳ですが、
まずその圧倒的な存在感は半端無かった。


ガンダムビルドファイターズ第8話_0006
13歳とは思えない貫禄。


そして存在感の根幹はその強烈な強さ。


ガンダムビルドファイターズ第8話_0007
勝てる気がしねぇ。


ラスボス臭漂う桐生一馬ボイス(黒田崇矢さん)のグレコを圧倒。



強烈な強さといえばニルス君以上に異彩を放っていたのはアイラちゃん。


ガンダムビルドファイターズ第8話_0002
ゴクリ。こ、このおっぱいからも異彩が。

ガンダムビルドファイターズ第8話_0003
熾烈な弾幕をかいくぐり頭部を一刺し。

ガンダムビルドファイターズ第8話_0004
黒幕っぽいおっちゃんが「ジェガンでデビルガンダムを!?」と唸るほどの強さ。


さらに地区予選決勝で全世界大会優勝者を相手にするアイラちゃん。
しかしそれすら歯牙にもかけずに瞬殺。


ガンダムビルドファイターズ第8話_0012
前回世界大会優勝者カルロスカイザーが為す術もなく蹂躙された。


その迫力、強さ、美しさに見惚れるNaotenとラルさん。


ガンダムビルドファイターズ第8話_0014
元機体同様、オールレンジ攻撃が予想されるキュベレイパピヨン。

アイラスクロール
アイラさんの戦闘服姿をスクロール連結。やはり異彩を放つおっぱい。



新たな力の息吹は、確実に世界を席巻しようとしておりました。


とまぁ、そんな訳で、ここまでくるとただ操縦技術が高いだけでなく、
前回のアプサラスのIフィールドや、
ガンダムX魔王の月がないのにサテライト等々、
プラフスキー粒子の応用法的なものを機体に組み込めるかどうかが
次なる強さへの重要なステップな気がしてまいりましたよ。
(ハンターで言えば念、ワンピで言えば覇気、ドラゴンボールで言えば超サイヤ人的な。)


そんな強敵ひしめく世界大会を前に、
一心不乱に新ガンプラづくりに打ち込むセイ。

どんな応用法を駆使し、あの戦闘民族達と戦いを繰り広げるのか。
今から楽しみでならないNaotenだったのでした。






おまけ1。



エンディングが微妙に変更!!!



ガンダムビルドファイターズ第8話_0008
まだ見ぬ各国の代表者達!

ガンダムビルドファイターズ第8話_0009
次回、登場予定のヤジマ・キャロラインちゃん!

ガンダムビルドファイターズ第8話_0010
お父さんが世界的な探偵、お母さんが武道の達人との事。えっと、ご両親はコナンと蘭姉チャン?

ガンダムビルドファイターズ第8話_0011
我々のアイラちゃん。
その見下す目!!もっと!!もっとぉぉぉぉ!!!(*´д`*)








おまけ2。



ガンダムビルドファイターズ第8話_0005
服が白いから白富野。


右が富野御大にしか見えない件について。



おまけ3。


次回はチナちゃん回だぜー!!ベアッガイでるぜー!!

そしてぇぇぇ!!!!








 

ガンダムビルドファイターズ第8話_0013
大好きなのは以前の記事に書いた通り。霞の鎧等の三種の神器、とケンタウロススペシャル期待!


ナイトガンダムきぃぃいぃたぁぁぁぁああああああ!!!!



次回もサービスサービスゥ!!
 


コメント

だもん :

ベアッガイ(Ⅲ)と聞いて、真っ先に思い出したのは雑コラだった・・・><(チクマッガイⅢ)
ttp://kancolle.doorblog.jp/archives/34269582.html

ガノタ力(ぢから)が新米少佐並みしかない('A`)オイラのベアッガイ初見は、やらない夫スレでした・・・
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/14429/storage/1321276458.html
610 で登場 841 で撃破 ><

削る所、付け加える所、共に皆無の提督各位の行き届いた助言に
N 提督自身の準備と技量が加われば憂いは無用でしょうが、一応、E5海域での健闘を祈りまふ (-ω-)ゞ

ラード :

(=・ω・)ノ ボンボン読んでた騎士ガンダム物語好きとしては来週のwktk感が非常に高まります。


 BFって、製作者サイドが狙ったエロ描写(チチやフトモモ)や萌え展開は勿論あるのですが、それが下品に感じなかったりむしろ好ましい(笑える)展開に丁寧に昇華させているから見る側としては安心できてしまう気がします。

 その作品作りへの熱意があるからこそ、戦闘でのチートっぷりや無茶があっても「燃える」ことが素直に出来るのではないかなぁ、なんて。

 道中のモブ的ネタキャラにも愛情感じたり、ラルさんという巨星の使い方がメタっぽくて笑えたり、この制作陣は作品を調理するのが本当に上手でラードとしては好感が持てます。


 記事とはずれますがアルペジオがかなり右肩で面白くなってきています。
 今季はBFを始め物語シリーズにキルラキルにログホライズンにアルペシオとラード的には豊作です。

 癒しもエロ枠もリョナ中歓喜(?)なアレにしろバランスも良くおっさんアニメ好きとしては嬉しい限りであります。


追記)
 僕の艦これイベントはこの時間をもって終了と相成りました。
 仕事の関係と資材をほぼ使い切った状況からいってヤメ時としては丁度いい感じです。

 結果として新規艦娘である矢矧さんと阿賀野さんをお迎えすることはできませんでしたが、初めてのイベント完走が達成できたので良しとしておこうかと。

 夏の時はハイパーさん二人も長門型も居なかったのを考えると地道にLVアップを果たせたかな、と自画自賛。
 次回への課題は資材の安定した備蓄確保として、再びまったりと改二育成に励もうかと思う次第です。

 ちなみに今回のイベントでGetした艦娘達は―――

 伊19 能代 伊8 武蔵 伊58 熊野 秋雲

 上記7隻となり、実は結構ウハウハなのではと再認識。
 これで未入手の艦娘は先行実装艦も入れると―――

 三隈 夕雲 長波 大和 阿賀野 矢矧
※現在での未実装艦は太字。

 の6隻でこれはこれで今後の指標として悪くないかもしれない、かな……?
 とりま、三隈をGetしてさっさと4-4クリアのち5-1まで進めたいと思います。

 もしかしたらNaoten提督は現在E5に挑まれているかもしれませんが、無事達成出来ることを牛丼を盛り付けながら願っております( ̄^ ̄)ゞ

Tujikaze :

新キャラ続々で世界大会が楽しみですね!

今回、主人公チームの出番が少なかったですが
それ以上に、誰かが足りない・・・うーん?
Cパート:ラルさんきたーーーー!!!

予告がまさかのVガン仕様で次回が・・・ゴクリ・・・

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○だもんサン

 > ベアッガイ(Ⅲ)と聞いて、真っ先に思い出したのは雑コラだった・・・><(チクマッガイⅢ)

 うわ!?ベアッガイさんの目が綺麗!

 > ガノタ力(ぢから)が新米少佐並みしかない('A`)オイラのベアッガイ初見は、やらない夫スレでした・・・
 > 610 で登場 841 で撃破 ><

 こういうスレがあった事を知りませんでした。
 何この職人劇場ッ!!?

 > 削る所、付け加える所、共に皆無の提督各位の行き届いた助言に
 > N 提督自身の準備と技量が加われば憂いは無用でしょうが、一応、E5海域での健闘を祈りまふ (-ω-)ゞ

 これ。

 この言葉がNaotenの振り子を最後の最後にE-5進軍に向けました。
 イベントを終えて強く感じているのは何だかんだ言ってクリア出来て良かった、と言う思いです。

 ま、その分、今現在、しわ寄せで仕事に追われていますが(^^;;;
 ある意味でのE-7頑張ります!

○ラードさん

 > (=・ω・)ノ ボンボン読んでた騎士ガンダム物語好きとしては来週のwktk感が非常に高まります。

 読んでた読んでた!!
 そう言えばボンボンってもう、休刊してから6年経つんですね…。

 > BFって、製作者サイドが狙ったエロ描写(チチやフトモモ)や萌え展開は勿論あるのですが、
 > それが下品に感じなかったりむしろ好ましい(笑える)展開に丁寧に昇華させているから
 > 見る側としては安心できてしまう気がします。

 異彩を放っていると言うアオリ文字はむしろ褒め言葉でした(^^
 おっぱいっていうのはね、何と言うか、自由で、救われてなきゃダメなんだ。

 > その作品作りへの熱意があるからこそ、戦闘でのチートっぷりや無茶があっても
 > 「燃える」ことが素直に出来るのではないかなぁ、なんて。

 熱意をすごく感じますよね。
 本当に熱意がある人達が手がけた作品からは、
 セル画の向こうから、製作者たちの顔が浮かんでくるんですよ。


 > 道中のモブ的ネタキャラにも愛情感じたり、
 > ラルさんという巨星の使い方がメタっぽくて笑えたり、
 > この制作陣は作品を調理するのが本当に上手でラードとしては好感が持てます。

 ジャミルサンっぽい人が居たり、前回、世界優勝者の人の通称がキングオブハートっぽかったり、
 ラルさんがガンダムOOのセルゲイのセリフ
 「これが超兵の力・・・しかし、彼女はまだ乙女だ・・・」からですかね。
 アイラが強化人間的である事を示唆していなければ良いのですが…。

 > 記事とはずれますがアルペジオがかなり右肩で面白くなってきています。
 > 今季はBFを始め物語シリーズにキルラキルにログホライズンにアルペシオとラード的には豊作です。

 アルペジオ楽しんでみてますよ!
 最初は3Dモデルの使い方(特に顔の角度)に違和感があったんですが、
 最近はスタッフもこなれて来たのか、違和感が減ってきている気がします。
 
 > 癒しもエロ枠もリョナ中歓喜(?)なアレにしろバランスも良く
 > おっさんアニメ好きとしては嬉しい限りであります。

 ツジさんと趣向が合いそうですなぁ。
 今度、3人で夜通し語り合いたいもんです。

 > 追記)
 >  僕の艦これイベントはこの時間をもって終了と相成りました。
 >  仕事の関係と資材をほぼ使い切った状況からいってヤメ時としては丁度いい感じです。

 お疲れ様でした!!

 > 結果として新規艦娘である矢矧さんと阿賀野さんをお迎えすることはできませんでしたが、
 > 初めてのイベント完走が達成できたので良しとしておこうかと。

 打算的な話になりますが、阿賀野さんと矢矧さんは武蔵に比べれば容易に入手できると踏んでいます。
 もちろん、イベント中に入手できる事が一番良いのですが、
 きっと、またすぐ会えるから…。

 > 夏の時はハイパーさん二人も長門型も居なかったのを考えると
 > 地道にLVアップを果たせたかな、と自画自賛。

 この三ヶ月、ラードさんの戦況報告を見る限り、すさまじいパワーアップでしたよね。

 > 次回への課題は資材の安定した備蓄確保として、
 > 再びまったりと改二育成に励もうかと思う次第です。

 今回、Naotenも精神的ダメージは皆無でしたので、
 前回のイベント後のようにフェードアウトする事もなさそうです。
 安定して航海を続行出来る様にしていきたいと思いまする。

 > ちなみに今回のイベントでGetした艦娘達は―――
 > 伊19 能代 伊8 武蔵 伊58 熊野 秋雲

 おっと!?最後の2つは収穫でしたね!!

 > 上記7隻となり、実は結構ウハウハなのではと再認識。
 > これで未入手の艦娘は先行実装艦も入れると―――
 > 三隈 夕雲 長波 大和 阿賀野 矢矧
 > ※現在での未実装艦は太字。

 ほとんどコンプも同じですね!

 > の6隻でこれはこれで今後の指標として悪くないかもしれない、かな……?

 目標がなければなかなかモチベーションは上がりませんので、
 その辺り、目標にNaotenも復帰したいなぁと思いますよ。

 > とりま、三隈をGetしてさっさと4-4クリアのち5-1まで進めたいと思います。

 三隈は薄可愛い。

 > もしかしたらNaoten提督は現在E5に挑まれているかもしれませんが、
 > 無事達成出来ることを牛丼を盛り付けながら願っております( ̄^ ̄)ゞ

 牛丼盛りつけながらに吹きましたww

○ツジさん

 > 新キャラ続々で世界大会が楽しみですね!

 すげーやられキャラ感が強いのですが、エンディングにも登場しているし、
 そこそこやるんですよね??(汗

 > 今回、主人公チームの出番が少なかったですが
 > それ以上に、誰かが足りない・・・うーん?
 > Cパート:ラルさんきたーーーー!!!

 エンディングのスタッフロールで、ラルさんの名前があって、
 「あれ?登場してねえのに??」と思っていたらCパートでの登場で
 めんたまひん剥きました。

 > 予告がまさかのVガン仕様で次回が・・・ゴクリ・・・

 次回も 見て下さい!!

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング