Page up▲

PRIMERGY TX100 S3強化検討

先日購入した新サーバー「PRIMERGY TX100 S3」。

新サーバー01
上が新サーバー。PRIMERGY TX100 S3。

ESXi5.5を導入し、現時点でゲストOSはCentOS6.4だけだけど順調に稼働している。

いよいよ仕事の作業環境をこのPRIMERGY TX100 S3に移設する準備をしようと考えています。
それにはPRIMERGY TX100 S3の強化が必要です。

(以下、追記へ。)

 

ESXiにゲストOSを追加するにあたり重要なのはCPUとメモリ。
CPUは搭載するOS1つにつき最低1スレッドは必要と言われています。

元々Naotenが購入したPRIMERGY TX100 S3に搭載されているCPUは
「Pentium G640(2.8 GHz)」で、これは2コアで各1スレッドなので合計2スレッド。

単純に言えばゲストOS2つ載せて限界と言ったところでしょうか。
(同時&フル稼働した場合。)

移設したい環境はXP開発環境とXPのDBサーバー(SQLServer2005)、
それと必要に応じてテスト環境が出来たり消えたりって感じで、
現在のCentOSと併せてゲストOSは全部で3~4って感じ。

全て同時稼働の可能性は低いけれど業務によってはありえる。


そこでまずはCPUの交換を検討。
現時点で最有力なのは「Xeon E3-1230V2(3.3 GHz)」。

XEON.jpg

イメージ的にはGPU機能がないCore i7で、
同性能のi7に対して低電力、低価格がウリ。

これが4コアで各2スレッド、合計8スレッドあるので
これならばゲストOS4つ同時稼働でも1スレッドどころか1コア相当が割り当てられる。

ただちょっと高い、今AMAZONだとこんな価格。



2万円ジャストくらいの時期もあったとの事なんで、
円安の影響が出ているのかも知れないね(;´д⊂)
もう少し安くなればなぁ。

続いてメモリ。
これはもう、多いに越した事はない。

PRIMERGY TX100 S3はECCメモリしか稼働しないので、
nonECCメモリと比べて割高になってしまう。
とは言え、ECCメモリなら安定感もあるしサーバー的用途ならばやむなしか。

現在4スロットのうち初期の2GBx1、追加購入で4GBx1がささっているが、
もう2スロットを8GBx2にするか4GBx2にするか、或いは4GBx1&8GBx1、
場合によっては1枚だけ追加するのか等悩む。

現行の使い方だと4GBを1枚足せば足りそうではあるんだけど…。
将来的にWin7やWin8を稼働させるならば8GBメモリを挿したい所…。


フル活用するならこのくらいは欲しい所。

合計で5万円弱の出費になるわけだけれど、
PC1台分のスペースに4~5台分のPCが動作する性能を詰め込むので決して高い事はないと思う。

PC1台となると壊れた時の問題もあるけれど、
ESXiはUSBメモリ起動だしストレージはQNAPをiSCSIで使うので、
RAID10でデータも保護されているしサーバー丸々壊れても
1万3千円でPRIMERGY TX100 S3を新調すれば問題ないかなって?(慢心


そろそろ12月で、
今年の経費計上も締めが近くなっているし、
設備投資として購入をかなり前向きに検討しているNaotenだったのでした。


って、自分で書いておいてもう12月か…。
1年って早い(;´д⊂)

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS