昨日、届いていたみたいなんですが、
日本郵便ゆえ、ポスト投函のみで呼び鈴無しの為、半日以上気付かず。



っというわけで、
陽炎を主人公にした小説「陽炎、抜錨します」が届きました。


陽炎、抜錨します
目を閉じると藤田咲ボイスが聞こえてくるぜ!


(以下、追記へ。)

 

 
まだ届いたばかりでこれから読む事になりますが、
陽炎はNaotenの艦隊では、島風(Lv.99)、雪風(Lv.84)に次いでレベルが高く、
思い入れが強い艦娘なので、その活躍が楽しみです。


愛宕
巻頭のカラーイラスト。愛宕可愛いです。そして予想以上に陽炎と陽炎の服装かわいい。


さてさてどんな物語になるか、
本日の仕事が終わり次第、読みにはいろうと思います!!



AMAZONの☆を見る限りでは良さそうな気配ですね。

 

コメント

やま :

お疲れ様です。

自分も昨日Amazonより届き、現在読書中です。

物語は呉所属の陽炎が横須賀転属を命じられ同じく呉所属の妹、不知火と別れて転属先の横須賀で奮闘する感じです。

ですが、このラノベ内での横須賀の扱いが…

このラノベ内では呉は教育隊であり比較的穏やか。

そして横須賀鎮守府は常に深海凄艦との戦いを念頭に置いた鎮守府なのだそうです。

うちの鎮守府ってそんなに実戦向きじゃないのになぁ…(^^;)

なんて考えながら読んでいましたが、確かにうちは常時出撃出来る正規空母が2隻ずつ居ますが…

それでも比較的穏やかなんですけどね~

それを考えながら陽炎と不知火をなでなでしようかと…

やま「よし、陽炎と不知火はいい子だな~」

陽炎「ちょ…あんまり触ると怒るわよ。」

不知火「不知火に何か落ち度でも?」

やま「嫌々、君たちが可愛いなと思って。」

大和「あ、提督。今日は此方にいらしたんですね。」
瑞鶴「全く。また報告書作成から逃げ出すんだから。」

比叡「司令。諦めて報告書を作成してください。」

やま「げっ…てか、作成は秘書の役目だろ…」

大和「作成は我々の仕事ですけど確認は提督にしていただかないと。」

瑞鶴「そうそう。そこは提督さんの仕事だからね?」
比叡「だから諦めて着いてきて下さい。」

やま「ちょっと待て!!まだ陽炎型とのスキンシップが…」

大和「良いから来てください!!」

ズリズリズリ~…

って事で陽炎抜錨します読んできます(^ー^)

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○やま提督

 > お疲れ様です。
 > 自分も昨日Amazonより届き、現在読書中です。

 ページ数は意外と少ないので、一晩で読みきってしまいました。
 (1ページあたりの文字数は少し多く感じましたが。)

 > ですが、このラノベ内での横須賀の扱いが…

 小説内は実際のコミュニティの様相を多少、誇張して表現しているように感じたので、
 古参が多い横鎮が最前線と言う表現はまぁ、あながち間違ってないかなぁ、とは思います。

 あえて出す必要があった設定かは判りませんが(^^;

 しかし愛宕さんは比較的イメージ通りだけども、
 高雄さんってあんなドライなイメージじゃなかったな~。
 あと、(少ない登場シーンでしたが)榛名もイメージと違った。

 高雄も榛名も比較的ニュートラルな性格なので、人によって感じ方が変わるのかも知れませんね。

 > って事で陽炎抜錨します読んできます(^ー^)

 今頃は読み終わってる頃かしら?
 NaotenはリアルSAN値がガリガリと削られて、途中、読むのを放棄しかかったんですが、
 最後には多少、報われた感じです(^^;


やま :

お疲れ様です。

こちら無事に読み終わりました。

確かに途中からリアルSAN値ガリガリ削られまくりました・・・

でも深海凄艦の立ち位置とか突然現れた人類の敵という表現はかなり良いように感じられました。

なんか設定的にマブラヴやストパンを連想させることが多々ありましたが^^:

確かに榛名や高雄はイメージが若干違いましたね~

あとはフリッツXだとか専門用語も多々有りました。

因みに、フリッツXってのはナチスドイツが開発した有線誘導の誘導爆弾の事ですよ。

なんか脱線しましたがまぁ続編出たら読んでみようかな?と思える内容だったのでまぁまぁ評価出来るかなと思います。

これからも陽炎と駆逐隊の成長に期待しましょう。^^

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○やま提督

 > お疲れ様です。

 お疲れ様です!

 > こちら無事に読み終わりました。
 > 確かに途中からリアルSAN値ガリガリ削られまくりました・・・

 これ、もしTRPGだとしたら陽炎役の中の人超辛いだろうなぁと、
 すっかりTRPG脳で読んでいました。

 > でも深海凄艦の立ち位置とか突然現れた人類の敵という表現はかなり良いように感じられました。
 > なんか設定的にマブラヴやストパンを連想させることが多々ありましたが^^:

 このへんは、他に設定は用いりづらそうですよね。

 > 確かに榛名や高雄はイメージが若干違いましたね~

 2隻とも凛々しさと優しさをベースに
 榛名は奥ゆかしさを、高雄は若干のS養分を持ってると言うのがNaoten的イメージです。

 > あとはフリッツXだとか専門用語も多々有りました。
 > 因みに、フリッツXってのはナチスドイツが開発した有線誘導の誘導爆弾の事ですよ。

 何か、ブルーディスティニーを思い出しましたw
 長良とか五十鈴の絵師さんが色々な仕様の艦娘書いてましたね、
 その中にXとかなんとか見た気がするけどそれなのかしら。

 > なんか脱線しましたがまぁ続編出たら読んでみようかな?と思える内容だったのでまぁまぁ評価出来るかなと思います。
 > これからも陽炎と駆逐隊の成長に期待しましょう。^^

 そうですね。
 成長と言う観点から見るとこれからが楽しみですね!
 どうにも結果を焦りすぎた様ですw
 やま提督と同じ様に、今後に期待いたします!

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング