先日実装されたフェイス。

体験したNaoten、Cocotea、Tujikazeの中では概ね好評で、
これは良いシステムだと喜び勇んでいた所、
早くも今月26日に次のバージョンアップが行なわれ、
さらにそのバージョンアップでは新フェイスが実装されるとの事。


次回バージョンアップのお知らせ (2013/12/19)

11381.jpg

次回のバージョンアップは、12月26日(木) を予定しています。

このバージョンアップでは、各国の重鎮がフェイスとして新たに追加されます。

サンドリアからは「トリオン」、
バストゥークからは「フォルカー」、
そしてウィンダスからは「アジドマルジド」と「シャントット」の4名です。

お楽しみに!



今回はフェイスについて感じた事を書いてみたいと思う。

(以下、追記へ。)
 


フェイスの雑感としてはソロのプレイスタイルが大幅に変革する良システムだと思います。
ほとんどソロのNaotenですから、これからのFFXIはフェイスと共にある事でしょう。
プリッシュはよ。

以下はそれぞれのフェイスに関して感じた所です。

ナジ
挑発による開幕盾。
唯一のDA持ちによるDD担当。
ボーパルはなかなか高威力。
バーニン、レタスはしょんぼりだけれど、
それも一部の硬いモンス(シザーガード中のカニとかエレメンタルとか)には悪くない。

アヤメ
物理DD。
ザイドやエグセニミルよりオートアタックのダメージは低い印象。
連携を狙ってくれてるみたいだけど、フェイスのシステム的に不発気味。
せめて黙想を使ってくれれば…。
エグセやザイドの様に魔法やアビを使用しない、と言う意味では残心も有り手数が多いかも。


クリルラ
盾。センチネルとフラッシュ打ちまくりで中々強力な盾。
七支公相手でもMPのある限りやすやすとは沈まない。
火力は少ないイメージ。

エグセニミル
クリルラに比べたら盾力に劣る変わりに
両手槍による火力が期待できる。
突属性なのでバード類等にも有効。

ただ、ナジ、クリルラ、エグセニミルを同時に呼ぶと、
挑発、フラッシュが被り、少々もったいない気配。


クピピ
回復&強化特化。
WSがムーンライトとスターライトだけなのは個人的には高評価。
唯一の強化&回復担当なので一家に一人と言う感じなのだけれど
戦闘中しか魔法を唱えてくれないのと連続戦闘や長期間戦闘ではMPの枯渇が心配。
またスフィア(範囲状態異常フィールド)の中に居ると狂った様にイレースなどを詠唱し続けるし、
完全耐性のある敵にも該当状態異常を打ち続けたりする。


ナナー・ミーゴ
トレハン要員。(トレジャーハンター+1を所持)
攻撃性能は低いけれど、
WSのキングコブラホールドはダメージ+毒(-20HP/3秒)+麻痺+スタンと鬼強力。
しかし範囲なので使いドコロに注意。


ザイド
魔法を撃ちまくり、攻撃力も強力。
ただしカニの様に相手がMP持ちじゃないと1戦でMPが枯渇する。
相手がMP持ちの場合、無尽蔵に吸ったり吐いたりして計り知れない強さ。


で、冒頭に書いた様に、ここに新たに4種類のフェイスが追加と成る。

トリオン

盾を持っているのでナイトと思えるが、
そうするとクリルラ、エグセニミルと被る。

個人的にトリオンは自由奔放に戦うイメージなので、
挑発やフラッシュ等のタゲ固定は一切使わず、
バーサク、ウォークライ、DAで戦い、
非常時にケアル、センチネルと言う緩急をつけたキャラクターになっていると嬉しい。
(トリオンといえば熱いセリフだけれど、フェイスのシステム上、しゃべらないのが悲しい。)

フォルカー
ミスリル銃士隊No.1の男。
戦士である事は容易に想像できるのだけれど問題はナジと被る点。
折角、フェイスは面白いシステムなので、
キャラクター毎の固有性を出して欲しいと感じます。


シャントット
恐らく、ヴァナ・ディール内外問わず、一番有名なタルタル。
その溢れ出る魔力は、フェイスが本体の劣化コピーとはいえ相当なものになると予想する。
今の時点で精霊特化タイプは居ないので、
どんなキャラクターに成るのか皆目検討もつかないのだけれど、
精霊→タゲを取る→死亡、もしくは、精霊→MP枯渇→無力化だけは勘弁願いたい。
恐らく両手根でスピリットテーカーを駆使してMPは維持するのだろうけれど、
それだけじゃMP持たないし難しい所です。

アジドマルジド
シャントットの一番弟子にして、これからのウィンダスを背負って立つ若き天才。
走りながら魔法、無詠唱で発動、詠唱中断されない、無尽蔵のMP、古代を連続魔等々
彼の力はシャントットに近い。
でまぁ、スタイルが近いので、
この両者が被る事がなければなぁと言うのが個人的に思う所です。




思ったより早い段階でのフェイスの追加実装に驚きを隠せないと共に、
月に2回のバージョンアップなんていつ以来だろう?と、
ここ最近のFFXIは14を意識してか攻めの姿勢だなぁと、
開発の動きを素直に評価するNaotenだったのでした。


プリッシュはよ。(ひつこい

 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング