今日は一日、久しぶりに時間を多く取れる事を良いことに、
モンストロス・プレッジにてレベル上げを行っていた。

バトル
リンクスになり敵をぶちのめす。

前回、スライムで血反吐モノの思いをしたので、
今回はパーッと、ケルベロスかベヒーモスを目指す事にした。


(以下、追記へ。)

 

なんとなくケルベロスの方がよく見かけた。

前情報を見る限りではベヒーモスに比べてケルベロスの方が

・解放条件が楽
・人気がある。
・単一属性(火)だけ伸ばせば良いので強化しやすい。

と、良いことずくめに見えたが、
実はこれらはNaotenにとって全てマイナスでしかない。

出現条件が楽だったり人気があると希少性が失われてしまうし、
単一属性しか持っていないと言う事は逆に、
その属性に耐性がある敵やプレイヤーに対して有効に戦えない事を意味する。

また、サービス開始直後からやっているNaotenとしては
アトルガンエリア系よりオリジナルエリア系のモンスのほうが馴染みがある。
(FFXI OP動画で走ってくるベヒーモスにはちびったものです。)

そこでベヒーモスを育成する事に大決定。
そうと決まれば手順を確認する。

ベヒーモスを開放する手順は以下。

1.ウサギ族をLv.75にする。
2.ウサギ族Lv.30で開放される剣虎族をLv.75にする。
3.剣虎族Lv.75で開放されるクァール族をLv.90にする。
4.クァール族Lv.75で開放されるオポオポ族をLv.75にする。
5.クァール族Lv.90で開放されるノール族をLv.75にする。
6.ウサギ、オポオポ、ノールがLv.75の状態で蛮名値を1万支払い
  ベヒーモスを開放する。

これはキツイ。
でも途中までやった感触としてはたぶん。

これ全部の労力=スライムLv.90までの労力

だと感じるのでへっちゃらさ!

ウサギ族、剣虎族をそれぞれLv.75にするのは大した労力では無かったのだけれど、
クァールLv.90が辛い。

高レベルになればなるほどNext経験値量が増えるので、
このクァールLv.90がベヒーモスを目指す上で一番の障壁に思えた。
(カタログ上、ケルベロスが解放楽と感じたのはLv.60条件が多かった為。)

朝日
嗚呼、また日が昇る。


現在のレベルはこんな。


レベル
亜種も同族とみなされ一緒にレベルが上がる。


クァール卒業まであと3レベル。
残すはオポオポとノール。


ベヒーモスとなって大地を駆け巡る日を楽しみにしているNaotenだったのでした。
(年内は余裕だと思う。うまくすれば明日には。)





おまけ。

ようやくAFの打ち直し、頭だけ出来た。
先は長い。


RNバンド+1
問題はレムよりも各種合成素材。


 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング