Page up▲

Windowsタブレットのシェア上昇

本日Impressでこんな記事を読んだ。

「艦これ」需要などを背景にWindowsタブレットのシェアが上昇

 国内タブレット市場において、2013年12月以降、Windowsタブレットの構成比が15%前後まで上昇していることが分かった。8型を搭載したタブレットがシェア拡大に貢献しており、Windowsタブレットのうち、約半分を8型タブレットが占めていることも明らかになった。

 BCNが全国の量販店を対象に調査したデータによると、2013年9月までは5%以下で推移していたWindowsタブレットの市場構成比は、Windows 8.1が登場した10月には5.8%、11月には7.0%へと上昇。さらに8型タブレットが市場に広がった12月には14.7%と一気に構成比を倍増。2014年1月には15.8%、2月には15.3%と、15%台でシェアを維持している。8型ならではの操作性の高さや、Bay Trail搭載製品の投入、さらには「艦隊これくしょん~艦これ~」需要もWindowsタブレットの需要を下支えしていると言えそうだ。

 なお、この集計には、日本マイクロソフトの「Surface」シリーズは含まれておらず、これを加えると20%を超える構成比になっている可能性が高い。

 これに対して、iPadおよびAndroidのシェアはやや減少傾向にあるものの、拮抗している状況を維持。2014年2月の集計では、Androidが44.9%、iPadが39.8%となっている。

Impress PC Watch



既にSurface Pro 2において元気に艦これが稼働中です。
明日からは大航海時代Vも稼働する事でしょう。

記事中にある通り艦これ等が普通に動作する事や
エントリーモデルが4万円以下で入手可能の他、
Officeがバンドルされている事、XPのサービス終了が重なっている事もあり、
静かにAndroidやiPad勢力を追撃していると言うイメージでしょうか。

数日タブレット操作でSurface Pro 2を使って見た感じでは
Windows8.1はまだまだタブレット用OSとして洗練されていない印象が拭えず、
その辺り、Android4.0以降等に一日の長が有るように感じます。
(キーボードとマウスをつないでノートPCスタイルで使う分には
 そこまで問題は出ないんですけどね。元がWindowsですから。)

最初は笑い飛ばしていた(と思われる)AndroidやiOSが破竹の勢いなので、
Microsoftもようやく重い腰を上げたのか、
少々採算度外視の戦略を打っている様にも思えます。

そう言う意味では今がWindowsタブレットの買いどきなのかもしれません。

新たな局面を迎えると思われるタブレット戦線。
今後の動向を見守っていきたい。




同じ製品名で記号や値段がが違う場合、
標準インストールされているOfficeのグレードが違ったり
ハードのスペックが違ったりする可能性があります。注意です。





 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS