昨日は体調不良で意識を失う様に寝てしまいました(ーー;
仕事も3本、納品にこぎつけたので、少し気が緩みました…。

さて、昨日15時をもってオープンβテスト(以下OBT)を終了し、
予定では本日15時から正式サービスを開始する大航海時代V。

OBT終了までのNaotenの状況は

プレイヤーLv.46
所持金貨150万 所持船5隻 建造前設計図2隻 未使用NP.1700 採掘PT.0
(いずれもメンテ直前の情報。SS撮り忘れ。)

メインシナリオクリア、所属国ネーブルランド。

乗船キャラクターとレベルはこんな。

キャラクター
次はガマかクックをR+にしたい。


今回の記事ではOBTを終えての感想やらちょいネタやら何やら。

(以下、追記へ。)
 

まず、率直な感想としては

「良くも悪くもアイテム課金制ブラウザゲームである」

と言う所。

あ、ゲームは面白かったですよ、そこは誤解なきよう。

Naotenは去年の4月に艦これをプレイするまで、
ブラウザゲームをやった事がありませんでした。

見聞きする中で、
基本無料のブラウザゲームというのには「行動力」的な数値が存在し、
その数値でプレイできる長さが変わってくる、と言う認識がありました。

実際、艦これもいわゆる「行動力」的なモノ=資源が存在しているのですが、
最序盤、もしくはイベント時やランキング本気体制、或いは建造でハメをはずさない限り、
それが枯渇して行動不能に陥る事は少ないと思います。
ですので基本無料のブラウザゲームの認識を随分と改めたものです。

一方、大航海時代Vは、
Naotenが艦これ以前にイメージしていた所謂「ブラウザゲーム像」を地で行くもので、
行動力の枯渇と回復が早いので、行動力が枯渇したら適度に休憩を挟むか、
1日中プレイしたいのでれば課金アイテムを買うか
レベルアップによる行動力の全快を上手く利用する必要があると感じました。


それが冒頭の感想であるアイテム課金制ブラウザゲームである、へとつながる訳でした。


アイテム課金といえば採掘Ptが時間回復しないのはちょっとひっかかります。
航海して回復する量も圧倒的に少ないので、何やら課金の匂いがプンプンします。


採掘Ptが重要なゲームだと思ったので、
ヴィヴィアンを育てているのはそんな理由もあったりします。

スキルが発動すると掘り回数が1増える。(上限を越えて増える。)
スキルの発動チャンスは掘り開始時に1回なので「ひと堀りしては中断」を繰り返すと
発動チャンス自体は何度も訪れ階層自体の採掘度は進む。
純粋に次の階層に行きたい場合は有効だけども、Lv.4でも発動率は低い。
(発動率、スキルLv.4のヴィヴィアン一人で体感で10%~15%くらい。)

スキル発動
「○○を入手せよ!」系だと1掘り中断技は逆効果なので注意。

掘り系スキルを持つ他のキャラの育成も考慮が必要かも。



レベルアップの話が出たので小ネタを一つ。
交易でアイテムを売る際、売上1,000につき名声を1得られるのだけれど、
これには上限として名声20が設定されていて2万以上いくら売っても名声20しか貰えない。

一方、後半は扱える商品の単価があがる傾向にあるので
1船で2万超える事もしばしば。

まぁ、もったいつけてもしょうがないので書くと、
2万を超えるようなら分割して売却すれば良い、と言う事。

一回一回、交易画面から出てしまうのが面倒だけれど、
上手くすれば40~80ほど名声を稼げる。(理論値では最大100。)

端数が100金貨以下は切り捨てなので
例えば3隻に

16000、3200、11900

って感じで売上があった場合、

16000売って名声16確定、
3200と11900を同時に売って15100で名声15確定って感じにすると端数が生きる。

これを一括で売ってしまっていると11の名声損失になるし、
1隻目と2隻目を併せて売ってしまうと1の名声損失になる。

後者は神経尖らせてまでやる必要性は無いかもだけど、
前者は考慮して欲しい。
(むしろ手間や通信トラフィックが増える事を考えれば、
 上限を設けているシステムや運営に怒りを覚えますけどね。)

実際、それに気付かなかった間は総売上6万とか出して、
40ほど名声を飛ばしていましたよ(;´д⊂)


と話を戻して。
大航海時代Vで感じた事で後挙げていないのは、
船と航海士の入手のしづらさでしょうか。

まず船はNPで交換できないのが辛い。
入手に制限のあるチケット、もしくは課金、後はシナリオや列伝クエスト報酬でしょうか。

キャラベル35
メインクエストで入手できるキャラベル。

航海士に関してはNPを稼ぐ手段も編み出されてきて、
それなりに入手できるのは出来るのですが、
艦これで慣れてしまうとあの入手頻度の低さはがっかりしますね。


そう言うと人づてで航海士の成長上限表を入手しました。
(ただし各レア度、各ステータス毎のトップランカー航海士のみ。)

SRマゼラン  8000/6800/6300
SRピリー    7400/6400/6800
SRコロンブス  6900 7000 7100
----------------------------
SRドレイク   6400/8600/6200
SRグレイス   7000/8500/4700
SRアン・ボニー6800/8300/4300
SRメアリ    7000/8000/4500
SRカタリーナ  5300/6400/4300
----------------------------
SRガマ     7200/6200/8300
============================
Rクック    6500/4500/2800
Rメルカトル  5900/2800/5400
Rヴェスプッチ5800/3200/5600
Rマゼラン   5600/4760/4400
Rディアス   5200/4520/4300
Rピリー    5180/4480/4760
Rダルタニャン4950/5200/4350
Rコロンブス  4830/4900/4970
----------------------------
Rドレイク    4500/6100/4350
Rメアリ     4800/6000/2850
Rグレイス    4900/5900/3290
Rアン・ボニー 4760/5800/3000
Rドーリア    3800/5700/4300
Rシャルーク  4800/5700/3500
Rシャーロッテ 5250/5600/3400
Rホーキンス  4200/5600/5200
Rカタリーナ   5000/5100/4350
Rキッド      4800/5000/4200
----------------------------
Rガマ      5000/4300/5800
Rアルヴェロ 4300/3900/5400
Rウォルター 5600/4350/5250

SRはカタリーナ以外では2枚持っているのですが、
それが探索が高い1位と2位で焦りました。

ただピース爺さんは交易も結構高く、
探索が高いのはレアでも結構いるので、
交易目当てで編成するなんてもったいない使い方しちゃうかも。


マゼラン
そうなのか、マゼラン上限そんなに高いのか…。


グレイスオマリー
後はレアで海戦が強いグレイス。だもん提督情報により少ない手数でR+のLv.50へ。


 
と、そろそろ15時。
正式サービス開始まで3時間。

大航海時代Vがやれなかった1日はそれなりに過ぎて行きましたが、
サービス開始を目前に、若干の「はやる気持ちが抑えられない」感もあります。

その気持ちを感じた時

「あ、なんだ、結構気に入ってんじゃんね。」

と自分の心情を理解する、
そんなNaotenだったのでした。



 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング