Page up▲

MVNO戦国時代と変革の予感

増税、年度変わりの4月1日を皮切りに
MVNO(Mobile Virtual Network Operator)の激戦が加速する。

Naotenも契約中のIIJMioのLTE/3G通信サービス。
「mio高速モバイル/D」が4月1日からサービス仕様を改定する。

IIJMio改定
IIJMioサービス改定表。

(以下、追記へ。)
 


変更点としては
ミニマムスタートプラン、ファミリーシェアプランのバンドルクーポン量増量と、
ライトスタートプランの通信規制上限の増加。

Naotenが特に注目するのはミニマムスタートプランのバンドルクーポン増量で、
高速通信量が倍の1GBになる事。

これにより高速通信で使える容量は1ヶ月30日として1日あたり34MBとなり、
ライバルとしてきたOCN モバイル ONEの1日30MBを超える事になる。

しかし「OCN モバイル ONE」も負けてはおらず金額や通信量アップで対抗し、
先ほど挙げた1日30MBと言う部分が1日50MBとなり早くも再逆転となる。

OCN ONE
こちらはOCN モバイル ONEの価格サービス改定表。
ただ増加するだけでなく、安くなっているプランすらある。



OCNが日毎に50MB高速通信が回復し翌日持ち越しは無い中で、
IIJMioは1ヶ月毎に1GB回復しなおかつ有効期限は翌月末まで、おまけに高速、低速を自由に切り替えられる。

毎日通勤等でネットをする人はOCN、
Naotenの様にたまに外出、その際にはドバっと使う人にはIIJMioがお勧めだと思います。

んでこれら、急速な値下げや条件の向上は、以下のニュースが関係していそうだ。

ドコモ、MVNO向けパケット接続料を最大56.6%値下げ――格安SIMがさらにお安く?(ITMedia)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1403/24/news131.html

実は最近Naoten、携帯を解約してしまおうか悩んでいる。
(タブレットでSMARTalkを利用したIP電話化で対応。固定電話もあるし仕事で携帯を使うことが少ないし。)

docomoのパケット接続料値下げが巻き起こす、MVNO戦国時代。
それによってこの先モバイル通信にさらなる価格破壊や新用途の開拓など大きな変革が起きる。

そんな気がしてにわかに盛り上がってきているNaotenだったのでした。





おまけ。

以前、IIJMioのプリペイドパックが一つ余っている事を書いた。

周囲に貰い手もおらず、ヤフオクに出品するのも面倒だった所、
開封期限がいよいよ今月末になってしまった。

IIJMioプリペイドパック
NEXUS7(2013)を買ったらおまけでついてきた。


そこで折角なんで低価格のモバイルルータを購入。


モバイルルータ01
残念ながらLTEには未対応。

これで2014年6月末まで500MB分のモバイルルータとして使用できる。

2014年7月末までにアップグレードすれば月額利用も出来るし、
とりあえず問題を先延ばしにできてホッとしております。

モバイルルータ02
小型&軽量。そして価格も安かった。

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
11 | 2020/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS