Page up▲

MH3(トライ)冒険記 第17狩 Naoten、モガの村を救出す。

この記事は2009/09/04。旧ブログにて書かれた記事です。

─────────────────
今回の記事はいつも以上にストーリーに関わるネタバレを多く含みます。
「ネタバレ!?断る!」って人は閲覧注意です。
またこの記事はロックラックこんにちはの前日の記事ですが、
ネタバレ的な諸事情により、掲載を見合わせていました。





ラギアクルスを撃退した事により、モガの村を襲う地震は収まった。
第08狩 決戦!ラギアクルス!参照の事)

ふぅ、これで村に平和が訪れたのだな。
ほっと胸をなでおろしたのもつかのま、
村を襲ったのは、さらなる大地震であった。


「馬鹿な!地震の原因、ラギアクルスは確かに倒したぞ!?」

強力な地震で荒れ果てる村を目にし、愕然とするナオテン。

一応の混乱が収まり、ギルド嬢や村長に掛け合ってみると、
どうやら地震の原因は、ラギアクルスではなく、謎の大型古龍の可能性が高い、と言う事で、
ハンターズギルド本部よりギルド嬢を含む全村民への緊急避難勧告が発令された。



しかし!!



この村にはラギアクルスを退けた、ココットの牙、ナオテンが居る。

その事実に、誰一人として、村人は避難しなかった。



逃げ出さない村人たち
逃げ出さない村人たち

正体不明の古龍種が相手か…。
知らず知らず、両足が震える。
これは恐怖か、武者震いか。




─────────。


それは今から300年近く前のこと、
狩りの技術も、装備も確立していないその時代、
人々は大型モンスターに抗う術をもたず、世界はモンスターの楽園でした。

そこに一人の竜人族の若者がおりました。

若者は武器を鍛え、未開のジャングルや砂漠に押し入り、
謎のモンスター達を相手に数多の戦いに勝利し、研究を重ね情報を集め、
近代の狩りの技術の礎を築きました。


そうして彼はいつしか、こう呼ばれるようになります。


ココットの英雄    と。



見知らぬ大型モンスターの前でも、あの人はきっと臆する事は無かったでしょう。
だから、オレも臆する事はしない。


師匠…。
今一度、オレに力を。


ココットの牙の双眼に、付け継がれる意志の光が宿った。



ハンターズギルドからの続報により、
謎の古龍種の名前は「ナバルデウス」と決定した。

全ての準備を整え、ナバルデウスの生息する海域に到着したオレは目を疑った。



海面に姿を現すナバル
海面に姿を現すナバル


で、デカイ…。ラオシャンロン級のサイズじゃねぇか!!?
だが、相手にとって不足はない!!!!


早速海に飛び込み奴を追う。
何度か攻撃を加えるが、こちらには目もくれない。

村がある島を支える遺跡を破壊されれば、村が消滅してしまう危険性がある。
必死になって止めに掛かる。


目もくれず優雅に
目もくれず優雅に


奴はただ、泳いでいるだけ。それなのにも関わらず、ガンガン削られるHP。

こんなデカイ奴が居るとは。
世の中は広い…。



どりゃあ!
どりゃあ!

そしてついに奴も、こちらの存在を無視できないと感じたようだ。

そうだ、それでいい!!これで遺跡を襲う事を止めるだろう!



待ち構えるナバル
待ち構えるナバル


2本ツノで襲い掛かる
2本ツノで襲い掛かる

この周辺には古代遺跡があり、その各所には、何か巨大なものと戦った痕跡が伺えた。

水中バリスタ装置や、水中撃竜槍がそれだ。

長年にわたり、モガは戦い続けてきたのだな。この大きな厄災と。

人々を苦しめていた元凶…。

おまえはそういう奴なのだな。


水中バリスタ
水中バリスタ


悪いが先人たちの施設を余すことなく使用させてもらうぞ!!
そして!!!!



食らえ!これが人々の力
食らえ!これが人々の力

撃竜槍ォォォ!!!!!!

さらに強烈な一撃で奴の角をへし折る事に成功する!!


どうりゃああああ!!
どうりゃああああ!!

確実にダメージが蓄積されている。

どうだ!?これが!!おまえにとってはアリの様な存在の人間の力だ!!

だが奴も負けては居ない。
恐ろしい水流や体当たりでオレを苦しめる!!


水流
水流

そんな攻撃くらうかよぉぉぉおおおおおお!!



くらうかぁああ!!
くらうかぁああ!!

すんでで回避するナオテン!!


ぬうぉぉぉぉぉ!
ぬうぉぉぉぉぉ!

強烈な一撃を奴の眉間に叩き込むと、その巨体が激痛でよじれた。

悲鳴にも、怒りにも聞こえる叫びをあげると、
奴はか弱き人間に背を向けて、一目散に逃げ出していった。


これが人間の力、
これが、ハンターの力だ!!!

わかったかこんちくしょー!!



たまらず逃げ出すナバル
たまらず逃げ出すナバル


ナバルの居なくなった水中遺跡の中でオレは、村に真の平和が訪れた事を確信し心から安堵した。



勝利
勝利


村に帰ったオレを見て、ある物は笑い、ある物は泣き、
しかし、全ての恐怖が去った今、村人は喜び、村中お祭り騒ぎとなった。


そしてそのまま、MH3、エンディングを迎える。


エンディング画面を目の当たりに、不覚にも涙を流してしまった。


ゲームやって泣くなんて、どんだけだよ…。


ココットの牙は少しだけ苦笑すると、平和になった村を後にし、
未だ危険の巣食う、ロックラックの街へと旅立ったのであった。


もう少しだけ、オレの戦いは続く。

いざ、狩りの世界へ。
それではまた。

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS