本日SCEJAから以下の公式発表がなされました。

PlayStation®Mobile
Android™ OSバージョン4.4.3以降 対応終了のお知らせ


株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PlayStation®Mobile(PSM)に対応しているPlayStation™Certifiedデバイスのサポートを、Android™ OSバージョン4.4.2をもって終了いたしますので、お知らせいたします。

Android™ OSバージョン4.4.3以降にアップデートされたデバイスではコンテンツが正常に動かなくなる可能性がございます。
詳しくはFAQサイトをごらんください。

ご利用中の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

なお、Android™OSバージョン4.4.2までのPS Certifiedデバイスをご利用のユーザーの皆さまは、PlayStation®Storeへのアクセス、コンテンツの購入や再ダウンロードなど、引き続きPSMをお楽しみいただけます。

今後は、PlayStation®Vita(PS Vita)およびPlayStation®Vita TVに向けたコンテンツの制作支援に注力し、より多くの開発者の皆さまがゲーム専用機ならではの操作性を活かしたコンテンツを開発し、世界中のPS Vitaユーザーの皆さまに向けて配信することが可能な環境を引き続き提供いたします。

SCEは、これからもPSMを通じて「プレイステーション」ならではのエンタテインメントの世界をお届けしてまいります。今後も引き続きPSMをご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

SCEJAからの重要なお知らせ(SCEJA公式)



PlayStationMobileと言うのはVITAでもAndroidでも動くゲームが作れる
開発環境(SDK)を提供する仕組みで、
当然、このSDKはAndroidのバージョンアップに併せて更新されなければいけません。


ぶっちゃけほとんどのユーザーとしてはこんなんあったんだ?って話かもですが。

しかし今回の発表で、
やっぱAndroid向けに更新してくのやめて、
VITAへの対応だけに注力するわー、と言う事になりました。

むしろGoogleが独自に拡張していくAndroidにどこまで対応できるのか?
と言う部分もあった訳でいつかこうなるのは火を見るより明らかでしたが、
およそ1年での今後のAndroid向けサポートの終了って流石に早すぎだろう!と思います。

VITA市場よりもAndroid市場の方がでかいと思うので
PlayStationMobile向けにソフトを提供していた側としては今後の販路が半分バッサリ切られた印象です。

大企業とて生き残りをかけて必死なのだからやむなしかも知れませんが、
ゆえに大企業=安全と言う考えは捨てて行かねばならんのだろうなぁと、
今回の発表にまったく当事者でもないのに落胆するNaotenだったのでした。


 

コメント

だもん :

~~ちょぉテケト むかしばなし~~

むかぁ~し、むかし  あるところに PCゲーム がおったとさ~ \(>ヮ<)/

PC-98 FM TOWNS X68000 という3つの規格向けに在庫を抱えて、いつも苦しんでいたそうな~ ('A`)

そんなある日、黒船に乗った Windows(95) ちゅう異人さんがやって来て、市場を征服してしもぅた ヽ(`Д´)ノ

その後、 PCゲーム はプラットフォームが統一されて、幸せに暮らしたそうじゃ めでたし、めでたし? (^-^;)
( Mac ? 知らない子ですね・・・・・ (-ω-)ゞ )


みたいな事には、なかなかならないものでつね(両用ソフトでも) (^-^;)

ラード :

 この記事を読み、衝撃を受けるラードがここに。

 はい、僕のスマフォにPSモバイルがプリインストされていたのでチョイチョイ遊んでいたのですよ、はっはー
……これソフト購入してたけど、今後はプレイできませんとかだったら正直ヒドイ内容になりますね。

 おそらく(下調べなし)、現状ソフトのラインナップは使用可能ですが今後、ソフトの追加はありません。
 Android OS更新後にも動作するとは思いますが、動かなくても怒らないでね、テヘペロ♪

 コンナ、カンジ?(白目

 ぶっちゃけ、PSモバイルのソフトラインナップに目星いものはありませんでしたが、だからこそ気軽に遊べるものが多かった印象です。
 もしPSPやvitaを持っているなら、ショボイと思う品揃えかもしれません(だがその分安い

 確かにPSモバイルをわざわざ導入しなくても同等のスマフォアプリゲームなど沢山ありますのでソニー側としても撤退する選択は十分現実的なのですが……

 ゲーム開発をやっている会社がどんどん現実的になっていくのを見るのは、やはりゲームに夢を求めていた人間からしたら些かガッカリしてしまうということで。

 とはいえ、赤字かトントンの採算にしかならないならバッサリ切り捨てて得意分野で勝負するのは悪くない、かな?

 まぁ……スクフェス、Gジェネ、テイルズ(やってませんがパズドラ)ほどのソフトをリリースできなかった時点でスマフォ戦線での生き残りは難しいですよね!

 ゲーム関係でトキメクことが少なくなってきたのは時代ゆえなのか、それとも年をとったからなのか……出来れば後者じゃないといいんですが……!

追記)
 艦これPV、悪くない……! が、最高かと聞かれると……うーん。
 戦艦(が出てくるかは置いといて)繋がりでアルペジオ制作のサンジゲンが3Dモデリングです! とかだったらウォォォォ!! ってなってました。
 PVやキービジュを見る限り戦闘やシリアス展開もありそうなので、ちょっと不安。

 注目されているが故に評価が厳しくなるのは制作サイドも承知だと思うので、PV第二弾に期待しつつ、明日のイベントに向けて資源をもうちょい積んでおきます。

 イベントといえばラブライブでもニコニーイベやっていますが、どうやら無課金でもまともに戦える領域までやっと到着できたようです(ランク82 回復石ストック26

 ここ最近は課金から遠ざかり自分を見つめ直していましたが(大げさ)、ガチャを回す石は回復剤にもなるというのが割と最近のスタンダードなので、いっそガチャを回すのをきっぱり止め、イベントでの報酬SR狙いの回復ブーストにあてるようにしてから伸びが良くなりました。
 “無課金なら無課金なりの戦い方があるのです!”というありがたい助言もあったりなかったりで、スクフェスとの付き合いはもう少し長くなりそうです。

 おっと、また無駄に長文でした! では明日からの艦これイベント、ラードとしては珍しく初っ端からぶっ込んでいく予定ですのでよろしくお願いします!

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○だもんサン

 > ~~ちょぉテケト むかしばなし~~
 > むかぁ~し、むかし  あるところに PCゲーム がおったとさ~ \(>ヮ<)/
 > PC-98 FM TOWNS X68000 という3つの規格向けに在庫を抱えて、いつも苦しんでいたそうな~ ('A`)

 なんかこの新聞を思い出したw

 http://blog-imgs-65.fc2.com/n/a/o/naotendo/BETA.jpg



 > そんなある日、黒船に乗った Windows(95) ちゅう異人さんがやって来て、市場を征服してしもぅた ヽ(`Д´)ノ
 > その後、 PCゲーム はプラットフォームが統一されて、幸せに暮らしたそうじゃ めでたし、めでたし? (^-^;)
 > ( Mac ? 知らない子ですね・・・・・ (-ω-)ゞ )
 > みたいな事には、なかなかならないものでつね(両用ソフトでも) (^-^;)

 何が当たるか、どれが生き残るか中々判りませんから
 ハズレの方のみに掛けた人々は辛いですよね。

 VHSとベータの戦いにしかり、
 ファミコンとメガドライブ(あとPCエンジン)の戦いにしかし、
 PlayStationとセガサターンの戦いにしかり、
 ブルーレイとHDDVDの戦いにしかり…。

 先々を見通せる目がほしい。
 そう思う次第であります。


○ラードサン

 >  この記事を読み、衝撃を受けるラードがここに。
 >  はい、僕のスマフォにPSモバイルがプリインストされていたのでチョイチョイ遊んでいたのですよ、はっはー
 > ……これソフト購入してたけど、今後はプレイできませんとかだったら正直ヒドイ内容になりますね。

 あ、プリインストって事はSONY系のスマフォだったんですな。

>  おそらく(下調べなし)、現状ソフトのラインナップは使用可能ですが今後、ソフトの追加はありません。
>  Android OS更新後にも動作するとは思いますが、動かなくても怒らないでね、テヘペロ♪
>
>  コンナ、カンジ?(白目

 うんうん、そんなカンジ。

>  ぶっちゃけ、PSモバイルのソフトラインナップに目星いものはありませんでしたが、だからこそ気軽に遊べるものが多かった印象です。
>  もしPSPやvitaを持っているなら、ショボイと思う品揃えかもしれません(だがその分安い

 以前、うちの記事で取り上げた艦これのパクリゲーも
 PlayStationMobileでした。

 http://naotendo.blog96.fc2.com/blog-entry-2792.html

 その記事に唯一のレスをつけているのも
 他ならぬラードさんなのですがw

>  確かにPSモバイルをわざわざ導入しなくても同等のスマフォアプリゲームなど沢山ありますのでソニー側としても撤退する選択は十分現実的なのですが……
>  ゲーム開発をやっている会社がどんどん現実的になっていくのを見るのは、やはりゲームに夢を求めていた人間からしたら些かガッカリしてしまうということで。

 そうなんですよね。
 実害はなかったですが、
 こうもあっさり撤退となると「もう何も怖い」状態で。

>  とはいえ、赤字かトントンの採算にしかならないならバッサリ切り捨てて得意分野で勝負するのは悪くない、かな?
>  まぁ……スクフェス、Gジェネ、テイルズ(やってませんがパズドラ)ほどのソフトをリリースできなかった時点でスマフォ戦線での生き残りは難しいですよね!

 開発側として先見の明があれば
 ほとんど同じ労力ならAndroid向けに出しますものねぇ。

>  ゲーム関係でトキメクことが少なくなってきたのは時代ゆえなのか、それとも年をとったからなのか……出来れば後者じゃないといいんですが……!

 自分もそういうところが強くなってきました(ーー;

> 追記)
>  艦これPV、悪くない……! が、最高かと聞かれると……うーん。
>  戦艦(が出てくるかは置いといて)繋がりでアルペジオ制作のサンジゲンが3Dモデリングです! とかだったらウォォォォ!! ってなってました。
>  PVやキービジュを見る限り戦闘やシリアス展開もありそうなので、ちょっと不安。

 公式イベントの最後に声優の誰かが

 「艦これの良い所は明確なストーリーがなく
 それを提督の皆さんが作り上げてきた所にあると思います。」

 みたいな事を言ってました。
 それはそうだなぁと思ってた5分後にこのPV上映ですからね。

 「ストーリーをつける」と言うことはその良い要素を潰す可能性もある。
 アニメ化の結果、人気がなくなってしまう事だけは無ければいいなぁと、
 そんな風に思います。

>  注目されているが故に評価が厳しくなるのは制作サイドも承知だと思うので、PV第二弾に期待しつつ、明日のイベントに向けて資源をもうちょい積んでおきます。

 メンテ明けは21時過ぎとの事。
 今日はもう諦めて、明日行く予定だった七夕祭りでも行ってこようかな。

>  イベントといえばラブライブでもニコニーイベやっていますが、どうやら無課金でもまともに戦える領域までやっと到着できたようです(ランク82 回復石ストック26

 6月末までやってたおさわりアイランドは
 「無課金でも戦える」ラインまで頑張ったあたりで
 「課金でも戦えない」レベルに引き上がったので辞めました(ーー;

>  ここ最近は課金から遠ざかり自分を見つめ直していましたが(大げさ)、ガチャを回す石は回復剤にもなるというのが割と最近のスタンダードなので、いっそガチャを回すのをきっぱり止め、イベントでの報酬SR狙いの回復ブーストにあてるようにしてから伸びが良くなりました。

 回復課金も有りだと思います。
 課金キャラよりランキング報酬キャラの方がぶっちゃけ達成感がある!

>  “無課金なら無課金なりの戦い方があるのです!”というありがたい助言もあったりなかったりで、スクフェスとの付き合いはもう少し長くなりそうです。

 身を滅ぼさない程度にお互い、ソシャゲもちまちまやっていきませう!

>  おっと、また無駄に長文でした! では明日からの艦これイベント、ラードとしては珍しく初っ端からぶっ込んでいく予定ですのでよろしくお願いします!

 自分もそのつもりでしたがメンテ明け延期で出鼻をくじかれました(^^;
 明日から本気だす!

 

 
 
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング