Page up▲

機動戦士ガンダムUC1 ユニコーンの日を見た

なんだこれ?
映像が進み、コロニー内での戦闘に差し掛かる頃、
粟立つ腕を見て、零れ落ちる涙をぬぐって、
自分が泣いているのだと気づいた。

感動のストーリーだったのか、
そりゃまだ第一話ですから、ストーリーの盛り上がり的にも
もちろん、そんな訳ありません。

ではなぜ、鳥肌が立ち、涙がでたのか。

歴史的に繋がっている逆襲のシャアが映画館で公開されてから22年。
(ユニコーンの世界観はシャアの反乱から3年後の話。
 余談ですがガンダム作品で唯一、
 ブルーレイで所持していたのがこの逆襲のシャアでした。
 UCは二作品目になる。)


ついに止まっていた時間は動き出したのです。
それも現代の高クオリティな映像で。

また、小説を刊行される度に今か今かと待ち、
全巻読破した自分としては、
UCとの関係も浅からぬものがあります。
(2007年9月に一巻発売なので2年と半年の付き合いになる。)

ユニコーン
原作小説ジャケット

TVアニメシリーズになるかもしれない。
そう感じた第一報が、結果的にOVAに落ち着いたのは、
一瞬、残念に感じていたのですが、
TVアニメシリーズでは
このクオリティでは見れなかっただろうなぁっと思ったら、
OVAでよかったのだと思えるようになりました。

待ちに待った宇宙世紀が見れる、そう言った万感の思いと、
壮絶なクオリティの高さに「やられた」と感じた時、
自然に涙が出てしまうのでしょうか。

願わくば、このクオリティが最終巻まで続きますように。

ユニコーンガンダム!
可能性の獣よ!!飛べッ!!



機動戦士ユニコーンガンダム 主題歌「流星のナミダ」

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
06 | 2020/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS