Page up▲

デスティニーオブスピリッツ Naoten、初の大型トレードを遂行ス

PSVITA向けF2Pゲームであるデスティニーオブスピリッツ(以下DoS)では、
同一のスピリッツを集める事が何よりも重要となる。

同一スピリッツはレベルの限界突破に使う他、
同一スピリッツを合成するとステータスにボーナスを得る事が出来る。
(限界突破の際の同一スピリッツからはボーナスを得られない。)

媽祖
ステータスボーナスはHP、ATK、SPDに乗る。画像で言うと()内の青色の数字がそう。


そんな訳で、ひとつのスピリッツをレベル上限、及び
ステータスボーナスMAXにするには多くの同一スピリッツが必要なのであった。


(以下、追記へ。)
 


先日、上位召喚で入手できるスピリッツに、
正式サービス開始後初めてとなる「性能見直し」が入った。

アップデート(バージョン1.05)のお知らせ(9/10)


上位召喚で出る中では、
ヒノカグツチと言うスピリッツをゆっくり集めていたのだけれど、
同スピリッツは今回の「性能見直し」の対象となっており、
幾分、「性能見直し」前と比べて人気が出る事が予想された。

人気が出れば入手難易度が上がってしまう。
Naotenは焦っていた。

DoSにはトレード機能がある。
なんだNaoten、それなら欲しいスピリッツすぐ揃うじゃん!
と思う方も多いかも知れない。

しかし残念ながらDoSのトレード機能は非常にシンプルで、
メッセージのやり取りは出来ず、コメントすら表示出来ないほど貧弱なのだ。

つまり、とあるスピリッツがほしいと思って自分のスピリッツをトレードに出しておいても、
欲しいスピリッツが来る確率は数百分の1である。

ハッキリ言ってまったく思うようにトレードが進まない。

だけどそこは考える生き物である人間である。
ゲーム内で対応されていない事はゲーム外でやる。
攻略Wikiにはトレード掲示板が存在し、
そこで自分が欲しいカード、自分が提示できるカード、細かい条件等を記載する事が出来る。

でもハッキリ言ってしまえばそこは治外法権である。
ゲーム内のトレード機能では1:1のトレードしか出来ないが、
現実的にスピリッツのレアリティが千差万別である以上、複数:1のトレード要求も発生しうる。

その場合、相手に悪意があれば、
複数枚のトレード要求に対して最初の1つだけトレードした段階で残りを無視して
不当にカードを取得する事が出来てしまう。

そんな訳で中々掲示板トレードに乗りきれなかったNaotenであったが、
この度、ついに重い腰を上げたのであった。



トレード掲示板で自分の要求とマッチする相手を発見するNaoten。

VITAにデフォルトで存在するメッセージ機能を用いて、
その相手にトレードの旨をメッセージで送る。

相手から承諾の返事。

その後、ゲーム内でIDを検索してフレンド登録する。
(フレンド同士じゃないとトレードできない為。)

そしてついに…。




トレード
今回は1:1のレートでのトレードだったので、問題は起こりえない。




ぬうぉおぉぉぉおお!!
ヒノカグツチ3枚もゲットォォォォ!!!



僕のヒノカグツチが成長出来る!


ヒノカグツチ
まだ最後の限界も突破していない。あと10枚は集めないといけない(ーー;


トレードは欲しいものと出せるものが合致したら、
こんなにも強力なんだなぁと実感すると共に、
運営側には「複数:複数のトレード機能」と、
「欲しいスピリッツ&提供できるスピリッツを表示できる機能」を実装して欲しい。

そう心から願いつつ、
初の大型トレードに軽く感動しているNaotenだったのでした。



 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS