Page up▲

AREA4643 興奮する真のゲーム

「ニンジャスレイヤー」の作者であるブラッドレー・ボンド氏、
フィリップ・ニンジャ・モーゼズ氏が監修するゲーム
「AREA4643」がSTEAM向けにリリースされる事が発表された。

これに伴いダイハードテイルズは
書いた文章等を掲載し、無料or有料で公開できるサイト「note」において
「インディーズゲームを作成しSTEAMに公開する」と言う連載をスタートさせてしまった。

AREA4643_00_2017121118531004c.jpg

noteとは
note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。



この連載は有料マガジンになっており価格は1,200円。

購入すれば定期的に更新される開発日誌や
STEAMでの販売登録にかかわる裏話などを読むことが出来る他、
最終完成版ゲームを含む、
最終完成までに都度リリースされるベータ版ゲームを入手する事が出来る。

有料マガジン購入特典
・開発日誌などの連載記事が読める。
・ゲームのベータアクセス権
・フィードバック権
 (難易度や追加希望要素(キャラなど)の投票フォームにアクセスできる。)
・スペシャルサンクス登録権
 (製品版にスペシャルサンクスとして名前が表示される)
・製品版と同等の最終バージョン獲得権



(以下、追記へ。)
 

なお最終的にリリースされるものはSTEAMで販売されるが
その定価は1,200円より高くなっても下回る事はないとの事。
(もちろんセール時等はその限りではないとは思うけど。)

ゲームはホットライン・マイアミの様な見下ろし型のシューティングゲームで
作成をシューティングゲーム「ネコネイビー」などで有名なゲーム制作サークル
「デスモフモフ」が担当している。

AREA4643_04.jpg
スッゾコラ!

と言う訳で

実際課金した。



AREA4643_05.jpg
上は先月末に購入した直後のSS。
購入したのが先月末で、既に1回、連載が更新されている。



少し遊んだ限り軽快に動いていて面白かったのと、
第三の攻撃手段であるタメ撃ちの追加や
近接主体で若干、難易度が高いイビルイモト=サンが
次回アップデートで強化予定だとかの話も出ているので
遊びながらリアルタイムで更新記事も楽しめると言う
まるでディアゴスティーニ感溢れる連載となっております。

AREA4643_02.jpg
ワザマエ!!


ニンジャスレイヤー好きでインディーズゲーム好きならばマガジン購入してみては如何でしょうか!


関連サイト
ダイハードテイルズ(note内ページ)
https://diehardtales.com/

AREA4643:インディーズゲームを作ってSTEAMで売る
https://diehardtales.com/m/m5537c5248ca1

AREA 4643プロジェクトとは!?
https://diehardtales.com/n/nf880123d5dbc

 

tag: AREA4643ニンジャスレイヤーダイハードテイルズSTEAM

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS