Page up▲

Lenovo Explorer with Motion Controllers

僕はその昔、Lenovo ideapad Tablet A1と言うタブレットを持っていた関係で
以降、Lenovoからメールが届くのですが、先程、新商品のお知らせが届きました。

それが以下。

Lenovo.jpg

Lenovo Explorer with Motion Controllersと言う
VRヘッドセットの新商品です。
本日発売との事。

VRヘッドセットと言えばPSVR、HTC VIVE、Oculus Riftなどなど群雄割拠ですが、
そこに新たに名乗りを上げる製品となりますでしょうか。


(以下、追記へ。)
 



価格と重量だけ比較してみます。

製品名価格重量
PSVR(カメラセット)44,980円(税抜)610g
HTC VIVE77,879円(税抜)468g
Oculus Rift48,880円(税抜)460g
Lenovo Explorer with Motion Controllers49,500円(税抜)380g


軽量ヘッドセットと言う触れ込みなだけあり確かに軽い。
僕はVRヘッドセット未体験ですが
頭部に重量のあるものを長時間つける事がどれだけ負担かは容易に想像ができます。

100g違ったら相当なものではないでしょうか。

個人的にVRヘッドセットを選ぶ際、重要なのは重量、価格、動作プラットフォームかと思っております。

特に最後に挙げた動作プラットフォームに関しては
PSVRはPS4でしか動作しませんし、*1
他のVRヘッドセットはPS4では動作せずPCでのみ動作し
ヘッドセット毎の特定の技術をサポートしたゲームしか動作しません。*2

*1 一応、有志がPSVRをPCで使える様な研究をしている様ですが
  現時点で完全にエミュレートは出来ていない様です。

*2 VRヘッドセット毎に遊べるゲーム遊べないゲームがあると言う事。
 (逆に複数のVRヘッドセットで遊べるゲームも存在する。)
  ただしこちらに関しても垣根を超えて動作させる研究が進んでいる様です。


またVIVEはSTEAMの運営会社であるValveとHTCが共同開発したもので
STEAMのVRゲーとは親和性が高いと言われております。
今回のLenovoの製品はWindows Mixed Realityに対応を謳っていますし
そう言った個性も考慮すべき点です。

そして一番重要なのがどのVRヘッドセットが覇権を握るのか?と言う事。

群雄割拠ゆえいつどの陣営が消え去るか判りませんし、
PSVRなんかはSIE1社の思惑で消えてしまうかも知れません、
そもそもVRが今後も普及していくかも未知数です。
(そう言った意味では早めに淘汰されて洗練されたものが残ると良いのですが…。)

慎重に慎重を期した結果、買う時期を逃した訳ですが
どこが覇権を握るのか。
その時をじっと待つNaotenだったのでした。

なお、
Lenovo Explorer with Motion Controllers
は今ならクーポン適用で10%OFFの44550円(税抜)で購入可能な様です。
(税込だと48,114円。送料込みとの事。)


Lenovo Explorer
性能やコントローラーの使用感は判りませんが価格は安く軽量。実は意外な伏兵かも知れませんね。


関連サイト
Lenovo Explorer製品ページ(公式)
Lenovo,Windows Mixed Reality対応のヘッドセット「Explorer」を税込5万3460円で国内発売(4Gamer)

 

tag: VR

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS