昨日録画したズートピア見ました。
面白かったです。

ズートピア

一見するとウサギのジュディ・ホップスが様々な困難を、
自身の夢や信念の力で乗り越えていく話ですが、
どうもこの作品、もうちょっと深く考えて見る事もできそうで、
さすがデズニーはスゲーや!っとなりました。
録画してまだ見ていない方は、あれこれ考えながら見ると良いのではないでしょうか。
(もちろん、娯楽映画として頭空っぽで見るのも最高に楽しいと思いますけどね!)


(以下、追記へ。)

 



あれこれ考えると言えば、
ここ数年追っていたいくつかの海外ゲームが最近形になりだして、
ゲームプレイ動画が公開されたりついに発売されたりしているのですが、
当初期待していたものと違う感じに仕上がっていてがっかりする事が多くなっています。

例えば最近だと

・Wild West Online
・Vampyr

あたりがソレにあたります。
勝手に期待値高めすぎたせいではあるんですが、ううむ。

で、現在進行系で追っているのがもう2作品あって、
1つは「OVERKILL's The Walking Dead」、もう1つは「Call Of Cthulhu」。

「OVERKILL's The Walking Dead」はタイトルにも入っている様に
The Walking Deadシリーズを原作としたゲームで、
PVを見て大変期待を寄せている作品となっています。


プレイアブルキャラの1人に焦点を当てたトレイラー。このじいさん使いたい。
このPV見て、これは超面白いゲームになるんじゃ!?と期待が爆上がった。
開発にはPAYDAY2のスタッフが関わっておりそれも期待を高める理由となっています。


しかし最近、公開されたゲームプレイ映像を見たら
割と普通のゲームに感じてしまい、
あれ?いや、まてまだ慌てるような時間じゃない、と、
一人で言い訳をしている謎の状態に突入しています。

仙堂




「Call Of Cthulhu」もイメージイラストとか
TRPGを意識して作られてるとか主人公は銃を持たないとかの情報を得て
以降、非常に興味を持って数年続報を追い続けていたら
なんか今年のE3で公開されたトレイラーがあんまり面白そうに見えなくて
あれ?おかしいな…と、別の恐怖が這い寄ってきている状態です。


大変面白そうに感じた2017のE3トレイラー。


ん?となった2018のE3トレイラー。

何がどう僕の期待と違うのか僕にもうまく説明できないのですが
今後の続報を注視しつつ、2018のE3トレイラーから感じた違和感の様なものが
勘違いである事を願うばかりでございます。



話変わって
海外ゲーとは180度違う方向にあると思われる日本のブラウザゲーム。
の中でもDMMのかんぱに☆ガールズ。

しばし離脱しておりましたが「このすば」コラボを開始したと言う事で
戻ってきた事を少し前に書きました。

狙うはめぐみんただ一人。
その一念が岩をも貫き通し、本日ようやく獲得しました。










かんぱに_めぐみん01

かんぱに_めぐみん02








しかも2体。


かんぱに_めぐみん03
早速覚醒。


武器と防具も相当数の+3を作って、
その中から幾分マシな性能のものを厳選できました。




かんぱに_めぐみん04
防具は実際の所、イベントの+4防具とか使うことになるのかもですが……。


コラボイベント自体は真面目にやってませんが、
ひとまず目標は達成したので、
後はダクネス入手を目指してちょいちょいプレイしたいと思います。
(アクアはいらん。白居るので。)



ちょいちょいプレイと言えば
同じくDMMのブラウザゲームの政剣マニフェスティア。

本日ようやくコスチューム2種取り終わりました。






政剣_リューナ・ゼヨ・サカモト

政剣_カテリーン・タニ


先日開催された人気投票では、
全票リューナに入れた僕ですが、
それでもこれだけは言える。




このリクルートスーツ対決、








カテリーンの圧勝ですわ。


こんなリクルートスーツガールに
ヒッププレスを喰らいたい人生だったと天を仰ぎ見つつ
本来、今頃あくせくしてる筈だったキャプ翼のイベントが
運営の体たらくによりスッカスカになり張り合いがなくなってしまったので
今日も早く寝ようと漠然と考える僕なのでございました。



かんぱに_めぐみん05
ええ水着の破れっぷりじゃわい(現実逃避

 

コメント

sayuki :

こんばんは。
『Call Of Cthulhu』は私もかなり気になって、ずっと追いかけていたのですが、
確かに今回のトレーラーを見て、何かこう、「うーん?」という印象を抱きました。

2017年のトレーラーの方は、特に最後あたりの病院のシーンで、
「めっちゃクトゥルフ神話やん!」
と興奮していたのですが……。

私の場合は、おそらくクトゥルフ神話の
「漠然と何かよく分からない恐怖と狂気が静かに押し寄せてくる」
「主人公が徐々に狂気に呑まれながらも、真実に近づいていく」
という感じをゲームに期待していたのですが、
2018年のトレーラーを見ると、
「ああ、敵はカルト集団なのか。あと何か襲ってくるんだなぁ」という
よくあるホラーTPSのような感じがして。
たぶんトレーラーで制作陣がアピールしたいポイントと、
期待していたポイントがずれているような気はしました。

あとナレーションで「ひゃっはー狂気だぜ!」みたいに長々としゃべっているのが、
クトゥルフ神話の雰囲気に合ってないのかなぁと。
これが主人公の独白で、最初は静かに淡々と話していたのに、徐々に
狂気めいた話になっていく、という感じなら盛り上がったのかもしれないなと。

同じくクトゥルフ神話系の『The Sinking City』が出るそうなので、
そちらも含めて今後を注視していこうと思っています。

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○sayukiさん

> こんばんは。

こんちゃー!

> 『Call Of Cthulhu』は私もかなり気になって、ずっと追いかけていたのですが、
> 確かに今回のトレーラーを見て、何かこう、「うーん?」という印象を抱きました。

やっぱり!

> 2017年のトレーラーの方は、特に最後あたりの病院のシーンで、
> 「めっちゃクトゥルフ神話やん!」
> と興奮していたのですが……。

同じ!同じ!

> 私の場合は、おそらくクトゥルフ神話の
> 「漠然と何かよく分からない恐怖と狂気が静かに押し寄せてくる」
> 「主人公が徐々に狂気に呑まれながらも、真実に近づいていく」
> という感じをゲームに期待していたのですが、
> 2018年のトレーラーを見ると、
> 「ああ、敵はカルト集団なのか。あと何か襲ってくるんだなぁ」という
> よくあるホラーTPSのような感じがして。
> たぶんトレーラーで制作陣がアピールしたいポイントと、
> 期待していたポイントがずれているような気はしました。

なるほど、言われてみてそうなのだと腑に落ちました。

クトゥルフTRPGのサプリメント本何冊か持っているのですが
確かにその中にカルト教団キャラの設定とかもあるにはあるんです。

ストーリーを発展させる中で、
何かの意思によって操られている様な集団と言うのは
造り手側から見て非常に都合が良い存在なのだとは思うのですが、
なんかちょっとバイオ4の教団を思わせる様な既視感がありましたなぁ。
(バイオ4は方向性的にアレで良い。)


> あとナレーションで「ひゃっはー狂気だぜ!」みたいに長々としゃべっているのが、
> クトゥルフ神話の雰囲気に合ってないのかなぁと。
> これが主人公の独白で、最初は静かに淡々と話していたのに、徐々に
> 狂気めいた話になっていく、という感じなら盛り上がったのかもしれないなと。

演出面も重要ですね。

> 同じくクトゥルフ神話系の『The Sinking City』が出るそうなので、
> そちらも含めて今後を注視していこうと思っています。

これ、sayukiさんのコメントで初めて知って調べてみたんですが、
動画見る限り、いっその事、戦闘を許容しているこっちの方が面白そうまでありますね……。

https://youtu.be/c2YL9L-OZg4


いずれにせよ、現時点で結論を出すのは早計な気がするので
sayukiさんに教えてもらった「The Sinking City」も併せて
今後の動向を追ってみたいと思います!

面白いそうなの教えて下さってありがとうございました!



コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング