Page up▲

Naoten、Lobotomy Corporationで管理人となる。

STEAMのサマーセールでそこまで値引かれてなかったけど
どうしても遊びたいので購入に至った「Lobotomy Corporation」。
(正式名は「Lobotomy Corporation | Monster Management Simulation」)。

LobotomyCorporation_logo.jpg

この数日、忙しくて中々プレイできませんでしたが、
土日と言う事で、昨晩ようやくプレイを開始致しました。



(以下、追記へ。)
 



特徴的なUIを持つ本作ですし
プレイ動画や情報サイトなども見ずにプレイ開始した事もあり
当初は勝手がわからずかなり戸惑いました。

チュートリアルをやって、それでも良く解らないまま本編をプレイ開始。

LobotomyCorporation_02.jpg
はい、心配です。



数日(ゲーム内では1ステージ=1日扱い)ゲームを進行させる頃には
流石に色々と理解してきました。

SCP財団に出てくる様な
未知のモンスター(以降アブノーマリティー)が居て、
このアブノーマリティー達からエネルギーを取り出すのが目的で、
指定されたエネルギー量を1日(1ステージ)に抽出すればクリアとなり
次の日(ステージ)に移動できます。


んで、アブノーマリティーからエネルギーを取り出すと言っても、
アブノーマリティーごとの管理方法を調査し、最適な方法を行わないといけません。

この辺が解っていないと抽出されるエネルギー量が少なかったり
暴走されて施設内が危険にさらされる事になります。

エネルギー抽出の為に行える行動は4種類で
それぞれに対してどの程度効果があるかが設定されています。


LobotomyCorporation_18.jpg


ただその項目がどれだけ有効かは情報をアンロックしないと把握する事が出来ず、
このアンロックにはそのアブノーマリティーから抽出されるPeBoxと言うエネルギーを使うので
場合によっては初見殺しに会う可能性もあります。

安心安全のその日リトライ機能があるので
何か初見殺し系を食らったら騒がず焦らず怒らず、リトライ推奨です(ーー;


LobotomyCorporation_12.jpg
こちらは職員のデータ。
4つの管理項目に対応したステータスを持ち得手不得手がある。
また、それぞれ成長要素がある。



以下はアブノーマリティーの情報が把握できる画面。
管理上、やってはいけない事や、
前述の4項目のうち、どれが最も効果的かなどが確認できる。

LobotomyCorporation_19.jpg

なお、上記のアブノーマリティーの情報には管理方法1として以下とある。


LobotomyCorporation_21.jpg

クリフォトカウンターとは、
まぁ言ってみればアブノーマリティーの堪忍袋メーターの様なもので
これが0になるとそのアブノーマリティーは暴走し、
アブノーマリティーによっては監視室から脱走する。

このアブノーマリティーのクリフォトカウンターは1なのでつまり、
慎重のランクが3以上の職員で接触すると、
確実に暴走→脱走→大虐殺が発生してしまう。


しかしながら、これらの情報は当初、秘匿情報である。


LobotomyCorporation_20.jpg
調査前のアブノーマリティーの情報画面。
各情報はそのアブノーマリティーを調査して得られるPeBoxを消費してアンロックする。
(カカシとは別のアブノーマリティーのですが。)



なのでまぁ、特性を把握できるまでは
職員が死ぬ死ぬ(;´д⊂)



LobotomyCorporation_05.jpg
管理方法が解っていても、暴走する可能性はある為、
外の通路に職員の中でも武闘派を配備。



LobotomyCorporation_22.jpg
結局暴走。
管理作業開始時には慎重が2だったのに
作業終了時にステータスが成長し3になった結果、誘発した暴走。
この仕様は酷い。



またアブノーマリティーの調査段階が上がって
PeBoxが蓄積されていけば、
強力なアブノーマリティー固有装備であるE.G.O装備が作成可能になり、
これを職員に装備させる事により戦闘が有利になります。

LobotomyCorporation_23.jpg
初期段階ではかなり強力なカカシの装備。

理不尽さも多くある厳しい管理業務ですが
E.G.O装備が良い飴要素となっていて頑張ってしまいました。



リトライ自体は毎ステージ可能ですが、
セーブ自体は5日に1回しか出来ないので中々ゲームを終了できず、
気づいたら朝チュンしておりました。

LobotomyCorporation_11.jpg
なんとか10日目をクリアして到着したセーブ画面。永かった。


そう言った観点からある程度時間が無いと遊べないかも知れませんが
リトライ最適化ゲームが大好きな人にはかなりオススメ出来るゲームだと感じましたよ。

僕は大変気に入りました!


7月6日までは25%OFFでセール中。
気になる方は購入を検討されてみては如何でしょうか!








おまけ。

職員を雇う際に、ポイントを少し多く払うと
見た目や名前をカスタマイズして雇用できるのですが、
その際に僕が大好きエイダ・ウォンを作成したんです。


そ し た ら ……。










いつのまにか、
髭が生えてたんですけども…(絶望


LobotomyCorporation_09.jpg



実はこれ、とあるアブノーマリティのアクセサリで、
(そのアブノーマリティを管理した際に低確率で入手&自動装備される。)
アクセサリは外す事が出来ないので、
この見た目でずっと生きねばなりません。







SAN値がゴリゴリと削られましたね、実際。



Lobotomy Corporation恐るべし。
それを痛感した瞬間であったのでした。

 

tag: STEAM

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS