Page up▲

アナログゲームライフ72 サイズ拡張 風に舞う策謀(Scythe: The Wind Gambit) 到着

先週のテラフォーミング・マーズ拡張2種類の到着に引き続き、
本日発売日のサイズ拡張、風に舞う策謀(原題:Scythe: The Wind Gambit)が午前中に届きました。

SCYTHE拡張_ガンビット
届いたどー!!



(以下、追記へ。)
 


この拡張の目玉はなんと言っても飛行船ユニットの追加。


SCYTHE拡張_ガンビット_飛行船
飛行船ユニット、結構デカイ!見てるだけでワクワクする!

メックと違って生産する必要は無い様で導入する場合は本国配置となります。

飛行船は、てっきりメックやキャラクターを輸送できると思っていましたが
ルールを読む限り、資源か労働者のどちらかしか輸送できない様ですね。
飛行船の能力はゲーム開始時に、攻撃的能力を8タイルの中から1つ、
防御的能力を同じく8タイルの中から1つランダムで選択し、
その2つのタイル(以下モジュール)の内容が全ての飛行船に適応される方式を採る様です。

プレイヤー毎にランダムにモジュールを選び、
陣営毎に固有の能力を持った飛行船で遊ぶ上級バリアントルールもある様ですが、
全プレイヤーの飛行船能力を把握しないといけないのでプレイ時間が伸びる関係から、
少人数向けであると説明書には注意書きされていました。

で、肝心の飛行船の能力は、基本的には区域の占拠は出来ず、
戦闘が出来ず、戦闘をけしかけられる事もなく、
区域に敵ユニットが居る居ないに関わらず自由に移動できるユニットで、
しかしながらその区域で発生する戦闘や生産に恩恵をもたらす事が出来ます。
(搭載モジュールによっては対飛行船の戦闘も出来るし占拠も出来る。)

SCYTHE拡張_ガンビット_飛行船モジュール
飛行船の能力を決定する飛行船モジュール。タイトル文字色が赤は攻撃タイル、緑は防御タイル。

印象としては移動できる建物+αと言うイメージで、
搭載したモジュールによっては
風車のように生産数を向上させたり、建造物のトンネル的な効果をもたらしたり、
水上マスに止まっている限り「橋」の様に機能したり出来たりするので
戦略に無限の可能性が広がるのではないでしょうか。

個人的には少々プレイ時間が増えても、
上級バリアントルールで遊びたいなぁと感じますが
バランスがどんなもんか解らないので数回プレイした上で決める方が良いかと思います。


またこの拡張のもう1つの特徴は「決議案」ルールの導入で、
これはゲーム終了条件を基本の星章6個配置から他の物に置き換えると言うもので、
8つの決議案ルールからランダムで1つを選択し、それを新たな終了条件とします。

SCYTHE拡張_ガンビット_決議案モジュール
終了条件を変更する決議案モジュール。

こちらに関しては、プレイヤー皆がお気に入りの決議案があれば、
ランダム選択にせず、それをデフォルトの終了条件で遊んで良いとも書かれており、
なるほど、こちらもプレイの幅を広げられそうで面白そうだと感じました。

最近はテラフォーミング・マーズばかりプレイしていた関係で
少し遠ざかっておりましたが、サイズとっても好きなので
拡張も届いた事ですし近いうちまた遊ぼうと思う僕なのでございました。
(次の拡張、フェンリス襲来も楽しみですね。)


良いアナログゲームライフを。
それではまた。






 

tag: アナログゲームボードゲームSCYTHE

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS