時々思い出した様に熱中するPS4の基本無料ゲーム「LET IT DIE」。


LET IT DIE_201812_00
相変わらずのキトゥンシリーズ装備者。

今回もふとした事がきっかけで、戦いの舞台に舞い戻った。


(以下、追記へ。)
 


2016年に北米でサービス開始されてから今月12月4日で2周年を迎えたLET IT DIE。
以降、2周年記念ログインボーナスと題して、連日、様々なレア素材が配布されていた。

貧乏性のNaoten氏。
これは貰わねばならんととにかく連日ログインしもらい続けるも
報酬を貰うだけでプレイしない日々が続いた結果、アイテム金庫はカツカツに。

日々、デスメタルを消費して枠を拡張して賄っていたが、
流石にこれはもう無理だ、どげんかせんといかん、と相成った。



さしあたって唯一最新エリア付近でも通用する所まで強化した「魔銃」を、
さらに強化してレア素材を消費。

LET IT DIE_201812_02
魔銃4→魔銃4+1へ。

だがこれで減ったレア素材の数は僅かに3つ、まさに焼け石に水ではあった。


そこで次は防具のキトゥン装備一式を強化する事に。

しかしこれには大量に「鉱物油」と言う素材が必要だと判明。
早速取りに行く。

LET IT DIE_201812_01
忍べ!そして撃て!!


で、「鉱物油」を大量にゲットし終わったのでキトゥン防具を強化していると、
「鉱物油」と違って入手難易度がより高い
「キャンドル・ウルフのレアメタル赤」も大量に必要である事が判明。

LET IT DIE_201812_11z
キトゥンボディ3+2→キトゥンボディ3+3の段階で必要な素材。
この強化でキャンドル・ウルフのレアメタル赤は備蓄が底をつく。



この直前で「鉱物油」を大量入手してしまった結果、アイテム金庫は完全にパンク。
これ以上はもうにっちもさっちもいかない状況となった。


LET IT DIE_201812_03
便乗して長らく放置していたグライダーを強化するも消費できた素材は7つ。



そう言った経緯があり一大決心し、
予てから計画していたあの作戦を実行に移すことに……。


その作戦の名は

逆噴射泊まり込みツアー





LET IT DIEには塔内の特定のフロアに稀に現れる逆噴射と言う施設がある。
ここでは結構レアな素材がキルコイン(ゲーム内通貨)で購入でき、
もちろん、キャンドル・ウルフのレアメタルも購入可能だ。

LET IT DIE_逆噴射
移動式の販売タンク。

基本的にランダム出現のこの逆噴射であるが、
レギュラーイベントにおいて確定で出現する日時が存在する。
(具体的には水19:00~木18:59、金19:00~土18:59、日19:00~月18:59の週3回。)

逆噴射出現確定のレギュラーイベント中に塔を登ると、
帰還するまで開催期限を過ぎても確定出現は維持される。
また、各アイテムの購入可能数は1であるが、
購入してからリアル1時間経過後に他のフロアから戻ってくると在庫が復活するのだ。

つまり逆噴射泊まり込みツアーの概要はこうだ。

1.逆噴射出現率アップの時に作戦決行。
2.ありったけのキルコインを塔内に持ち込む。
3.逆噴射到着後キャンドル・ウルフのレアメタル赤を購入。
4.キャンドル・ウルフのレアメタル赤を購入した時間をメモ。
5.一度他フロアに移動。メモした時間から1時間放置。
6.3.~5.を持ち込んだキルコインが尽きるまで繰り返す。
7.帰還しキトゥン防具を強化する。

持ち込んだキルコインは70万。
キャンドル・ウルフのレアメタル赤は5万キルコインで販売しているので、
持ち込んだキルコインで購入できるのは14個、
すなわち5.で放置するだけでも13時間かかる計算だ。

実際には最初に現地に行く時間や帰還にかかる時間、
フロアチェンジで敵が復活するので都度、倒さねばならない事、
そして睡眠を取ったり外出したり等を考慮すると
おそらく24時間前後の戦いになる事が予想された。


この間、PS4は起動しっぱなしである。



そして戦いの火蓋は切って落とされた。



最初のウチは造作も無かった。

持ち込んだ魔銃4が強力であったので、道中の敵は1撃。
遠距離から倒せると言うことは被弾率も低く、防具も壊れない。

しかし近接であれば武器の耐久値、
遠隔であれば武器の耐久値に加えて残弾数と言う回避できない敵がいる。

数回のフロアチェンジを繰り返し持ち込んだ魔銃4は弾丸が切れていく。
それに危機感を覚えたNaotenは途中から敵が落とした近接武器を拾って戦う方向へシフト。

だが近接武器は敵と接近するので何十匹と倒しているとどうしても被弾する。
強化してあるキトゥン防具なのでダメージは無いが
被弾は確実に防具の耐久値を蝕み、ついには破損、消滅した。

近接武器に引き続き、防具も拾い次第装備し、なんとか戦いを継続。
キャンドル・ウルフのレアメタル赤も未だ9個、戦いのさらなる激化が予想された。


LET IT DIE_201812_04
キャンドル・ウルフのレアメタル赤9個購入後のアイテムバッグ内。
魔銃4は帰還時用に1丁は弾数を温存したい。



さらに時間が経過。
この時点で塔へ籠もり始めてからリアル24時間が経過。


瞑想にふける。

LET IT DIE_201812_05
ラー(効果音)
防具はとっくに壊れキトゥンの見た目ではない。




そして塔へ籠もってから28時間経過。
ついにキャンドル・ウルフのレアメタル赤が15個へ!!



LET IT DIE_201812_06
当初の目標数は14個であったが
塔に籠もり続ける内に5万キルコイン稼いだのでもう1つ追加購入となった。
つまり、もう1時間多く籠もる事になった(ーー;




脱兎のごとく逃亡開始!


LET IT DIE_201812_07
一般的な敵はそこまで驚異ではないが、
時折、乱入(NPC操作だが)される事がありその際は一定の注意が必要になる。




なんとか、エレベーターに到着!!(;´д⊂)


LET IT DIE_201812_08
大金を持っての移動だったので、襲撃対策にエクスプレスパス1日券を使ってから来た。
28時間経っていたため余裕でパスの効果期限は過ぎていたが、
待合室に到着するまではエクスプレスパスの効果が切れない特約により
ロイヤルエレベーターが使用できる状態となっていた。



こうして無事、待合室へと帰還したNaotenだったのであった。


帰還後、
キトゥンボディ、キトゥンブーツをそれぞれ3+3から3+4へアップグレード。
これにはリアルで2時間45分ほどかかるので放置。
(もうログアウトしても良い。)

2時間45分後に戻ってきて、
今度は3+4になったキトゥンボディとキトゥンブーツを、3+4から4へアップグレード。
これにはリアルで3時間ほどかかるのでその日はログアウト。


そして本日、LET IT DIEを起動し直噴射を覗くと
キトゥンボディとキトゥンブーツがそれぞれ最高位の4へ!
(厳密に言えば4を後4回改造して4+4にするのがゴール。)


LET IT DIE_201812_10

LET IT DIE_201812_09

キトゥンヘッド3は4にするまでの十分な素材はあるがスピリチウムが足りずに強化断念。
ただ足りないのはせいぜい7万ほどなので、ログボなどですぐに貯まると思われる。

アイテム金庫にも30近くの十分な空きが出来、
これにて当初目標も達成された。


久しぶりに本復帰して色々と勘も取り戻したのでまたしばらく遊んでいきたい。
そう考えるNaotenだったのでした。


 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング