Page up▲

アナログゲームライフ93 ナショナルエコノミー・グローリー

6月1日発売のナショナルエコノミーシリーズ最新作、
ナショナルエコノミー・グローリーが翌2日に届きました。

ナショナルエコノミーグローリー
小さめの箱&結構お安い。


(以下、追記へ。)


ナショナルエコノミー・グローリー(以下、グローリー)は
ナショナルエコノミー、ナショナルエコノミー・メセナに続くシリーズ3作品目で、
それぞれ独立したゲームとなっており混ぜては遊びません。


ナショナルエコノミーシリーズに関して、
ワーカープレイスメントの名作と予てより伺っておりましたが今まで僕は未プレイ。
新作が発売すると言うのでこれを機会に遊んでみたいと思い購入しました。

また、その前にひっそりと購入していた
「翡翠の商人」と同じスパ帝国さんの作品だと後で知りました。
(翡翠の商人に関しては記事未執筆。)

翡翠の商人は1,490円、グローリーは2,545円で、
どちらもかなりお手頃価格。
(上記いずれも本日時点でのAmazon価格。)

なぜにこんなお手軽価格かと言えば、
コンポーネントに工夫があるからかとお見受けしました。

ナショナルエコノミーグローリー内容物
ぎっしり敷き詰まった2種類のサイズのカード達。

ナショナルエコノミーシリーズではワーカーや貨幣などの、
「トークンにしたい」と考えそうなものも全てカードで表現しており、
面白いものを出来るだけ安く提供したいと言う意図を感じられます。

そんなコスト重視のナショナルエコノミーはまた、
ゲーム内でも、コストに関してううむと唸る要素がありました。

事業主となって会社を発展させてゆく事を目標とするグローリー。
一般的なゲームの場合、収入などは共通の銀行(サプライ)から得るもので、
そこが枯渇する場合でも「代用品を使い無限に扱って良い」なんて注釈もあるくらいですが、
このナショナルエコノミーはそもそも、
いわゆるサプライから収入を得る手段が1つしかなく、
代わりに「家計」と呼ばれる有限のマネープールから収入を得るのが基本形です。

家計内のお金は当初0で、
自分のワーカーに給与を支払うと、
そのお金はサプライではなく家計に移動します。
(この家計内のお金は全てのプレイヤーで共通。)

で、各プレイヤー(事業主)が様々な事業を行って収入を得る場合、
この家計から得る訳です。

社員に給料を払い、その給料がまた、企業の収入源になる…。
そう言った、社会の縮図を感じる事が出来ます。凄い。

ナショナルエコノミーグローリーお金の移動
図を作ってみました。
オレンジ矢印はお金の流れ。黄色矢印は事業の流れ。


お金は循環するだけで、決して総量が増えないのがミソで、
賃金等が上昇していく中で、市場にあるお金の絶対数が足りなくなってきます。

そこで重要なのが循環とは別の、もう1つのお金の流れ。
足りない場合は所持する事業を売却すれば
銀行(或いは国?)からお金を得る事が出来るのです。
(売った事業は公共の事業となり、
 どのプレイヤーも利用する事が出来ます。)

もちろん、世のお金の流れがこんなシンプルではない事は承知の上で、
それでもこれだけ抽象化出来ているのは凄いなぁと感嘆の声を上げました。

その後、2名で遊んでみた所、
実にうまく出来てて面白い!!
と、終始びっくりしっぱなしでした。


ナショナルエコノミーグローリー_プレイ終了
初プレイ終了時の写真。本作のウリである機械人形は出せなかった。


こんなに悩ましく面白いゲームに出会えて幸運である。
今度は3名以上で遊びたい。(ソロでも遊べるよ!)


良いアナログゲームライフを。
それではまた。






 

tag: アナログゲームカードゲームナショナルエコノミー・グローリー

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2021 直天堂のカステラ, all rights reserved.
04 | 2021/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS