先月、5月25日、26日に開催された春のゲームマーケット、
僕は予定があり残念ながら参加出来ませんでしたが気になった作品が多くあり、
開催終了後、そこで話題になった作品をいくつか入手する事に努めました。

そのウチの1本がコレ。 エレベータ前で です。

エレベータ前で
オサレ。



(以下、追記へ。)



ヨドバシで予約購入できたので、
手元に到着するのは時間がかかりましたが、
おそらく最安値で入手できたかと思います。
(2,370円。237ポイント付与。)

大まかにルールを説明すると、

・3つのエレベータ(カードをおけるライン)がある。
・そこに手札からカードを配置していく。
・ラウンド終了時、エレベータの前からn人目までに得点が発生。

と言う感じです。

エレベータ前で_01
例えば真ん中のエレベータだと前から3人に3点、3点、5点の点数が入る。


エレベータの列には後ろに並ぶ為、
普通に置いていくだけでは前の方に入る事は出来ませんが、
配置時に横入り出来るルールがあり、
それらを駆使して前に割り込んでいきます。

具体的には

・女の子は男の子の前に入れる。
・男の子はママの前に入れる。
・ママはパパの前に入れる。
・パパはグランマの前に入れる。
・グランマはグランパの前に入れる。
・グランパは女の子の前に入れる。

と言う5すくみ的な循環要素を持っています。
(これらは色の影響を受けない。)

また特殊ルールとして同じ列に同一人物種が3枚並ぶと
意気投合してカフェに出かけてしまうカフェルール、
(これにより列から居なくなり残ったカードが前へ詰める。
 カフェへ行った3枚は役になり点数になるけども配点は低め。)
及び、前方に並んだ同色の家族を1枚、
自分の後ろに移動させる迷い子と言うカードも存在します。

エレベータ前で_迷い子
迷い子カード。他のプレイヤーの色の迷い子を使って得点圏外へ移動させる事も可能。
ただしエレベータ前に入ってもこの子の得点は0になる。


プレイヤーには色が1色(2人プレイ時は2色)割り当てられるので、
如何に自分の色の家族を得点圏内に入れ、
自分以外の色の家族を得点圏外とするか、と言うのが基本戦略でしょうか。

それとエレベータにはボーナスの家族が居て、
例えば以下のエレベータの前に並ぶ場合は女の子と男の子が得点2倍です。

エレベータ前で_エレベータカード
しかしこれが罠。

得点倍を狙いたい所ですが皆考える事は同じ。
ボーナスエレベータ前には該当の家族が集まりやすくなり
カフェルールで消えてしまう可能性も高まるので注意が必要ですね。


という訳で早速2人プレイしました。
初プレイと言う事でお互い勝ち筋がよく見えていないので探るようにプレイし、
1ラウンド目はNaoten24点、相手が15点。

おぉ、こりゃいけるんじゃね?と2ラウンド目に入ると
相手がコツを掴んだようでNaoten24点で相手が32点(!)。

この時点でNaotenが48点、相手が47点と接戦です。

そして運命の第3ラウンド。
ボーナスポイントの所に2名おいていたグランマを、
仲良くカフェに連れて行かれてしまい一気に形勢不利に。

結局劣勢をはねのける事が出来ず、
Naoten、最後の手番で究極の選択…というか悲しみの選択。

エレベータ前で_02
Naoten:橙&緑  相手:茶&青 どちらでもない:赤


このままだと中央列4人目の女の子、
たった1枚で6点x2で12点と言うトンデモ得点を許してしまう所。

手元にあった茶色(相手色)のグランパを使って…。


エレベータ前で_04
グランパは女の子の前に割り込める。


女の子、1歩後ろに強制移動。


これで本来12点取る所だったのが6点に。
これが自分の色のグランパだったら展開変わったのになぁ(;´д⊂)

エレベータ前で_03

という訳で上記が3ラウンド目の最後の1手となりゲーム終了。
最終ラウンドの得点はNaoten26点、相手が37点(!)。

3ラウンド合計で84対74で僕の敗退で終わったのでありました(;´д⊂)

最後のグランパが僕の色だったら相手の6点が僕の6点になり、
80対78で勝てた未来もあったかも知れませんが
残念ながらそうはエレベータが降りませんでしたorz

これも3人以上だとフィーリングがかなり変わりそうではありますが、
なかなか面白かった「エレベータ前で」。
インスト込みの3ラウンド(3ラウンドで1ゲームとなっている)で1時間弱でした。

インストなしで慣れれば箱に書いてある20分程度になるんでしょうかね。
なお、プレイ可能人数は2-4人です。


初プレイを終えて真っ先に思い浮かんだのは「曼荼羅」。
ゲーム内容は全然違うんですけど、
最後の最後まで得点が確定しない、
得点が読めない部分に類似性を感じたのかも知れません。

後ろから誰か来ないかキョロキョロしながら、
お手軽にハラハラドキドキ。コレ。



良いアナログゲームライフを。
それではまた。

 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング