Page up▲

アナログゲームライフ114 ミニ自宅アナログゲーム会 後編(最終)

前回は軽量級のボードゲームを遊んだので、
今回は中量級と重量級のゲームを遊んだ自宅アナログゲーム会。

GWT.jpg
オッサン力。

その後編ッ!!(関連記事:前編


(以下、追記へ。)



次の獲物は「グレート・ウエスタン・トレイル」。
牛をカンザスシティに運んで列車で出荷して得点を競うゲームです。

このゲームの勝ち筋としては、

・カウボーイを雇って牛を多く買い、
 出荷で色々稼ぎつつ最後に牛勝利点を稼ぐ。

・職人を雇って建物を多く建て、
 建物効果で色々稼ぎつつ最後に建物勝利点を稼ぐ。

・技師を雇って列車を遠くへ走らせ、
 駅長タイルで色々稼ぎつつ最後に駅勝利点を稼ぐ。

と言う3つの柱があって、
王道としてはカウボーイ路線になるのかと思いますが、
最終的には全てを複雑に絡ませ合いながら相乗効果を狙って、
他の人の手が弱めの所から勝利をもぎ取っていく、
そんな感じになるのではないでしょうか。
(ただし他はともかく職人だけで勝つのは難易度高いとの事。)

共通建物タイルは全て初心者用配置。
個人建物は初心者向けに全てa面を使用。

ファーストプレイヤーは2x4さん、
次いでNaoten、ココさんの順。

全員最初はAの共通建物から出発。
2x4さんは技師、僕とココさんはカウボーイを購入。

今思えばこれが勝負の分かれ目となったのかと思われます。

僕もココさんもこれが累計2プレイ目、
2x4さんに至ってはこれが初プレイとなる訳ですが、
まだまだこのゲームを理解しているとは言い難い訳で、
とりあえず最初の雇用者の得意方向にジャンジャカ進もうとなる訳ですし
それが正解かと思うのです。

GWT_01.jpg
最序盤の盤面。

ところが僕はカウボーイ雇っておいて中途半端に建物戦術に行ってしまった為、
雇用、牛購入、建築と3つの用途に金をやりくりした結果、どれも上手く行かない状況に。

お金が欲しかったら周回数を上げなければならないのですが、
1つのストリートにアホみたいに建物を密集させた結果、
自身がそこで超足止めを食らう展開に(ーー;


GWT_06.jpg
やっちまった感のある連続建物。


一方、初手技師だった2x4さんは伸び伸びと列車を走らせ
貧弱な牛構成ながら運賃が掛からない状況を作り出して、
周回収入も牛構成重視したココさんと大差ない状況に。

で、牛購入にほとんどお金を使ってない2x4さんは、
建築にも手を伸ばし、僕の頭の悪い三連建物作戦ではなく、
2つの道に分岐してそれぞれに建物を建てる二股建物作戦を実施。

GWT_02.jpg

これがまた超賢くて、
どっち通ってもNaotenとココさんはお金を取られてしまうし、
2x4さんはその時の状況に応じてどっちを通るのか柔軟に選択する事で、
移動における減速も最小限に押さえている訳ですよ。マジ賢い。

また、上の写真見てもらえれば分かりますけど、
積極的に「森林」に隣接して建物を建設しています。

この後も彼は森林隣接を重視して建設してゆき、
最後は8金とか獲得してました。マジ賢い。

いや、僕らもそれを防ぐ様に動かねばならん所だったのですが、
僕は前述の通り色々とカツカツで、
良いタイミングで最良の選択肢を選べない状況となってました。

こうして潤沢な森林資金を得た2x4さんは
技師を次々と雇用して、さらに列車の動きを加速。

ついにはコーナーを曲がって終点に到達する勢いです。

GWT_04.jpg
恐るべき推進力。

この状況にはコーナー曲がる前から気づいていて、
早期終了に持ち込まないと2x4さんにヤバイ点数が入っちまうぞ?と、
ゲームをさっさと終わらせる方向に動いていたのですが、
それに対抗して2x4さんは財力にものを言わせて雇用を繰り返し、
終了トークンを延命させると言う強烈なプレイで応じます。

この雇用を繰り返すのがまた、
2x4さんが技師プレイ故に勝ち取った
「雇用者人数で勝ち点」駅長タイルとも相性がよく、
もはや全ての行動が勝ち点に繋がると言う恐怖の存在に。

せめてダブルスコアだけは避けたいと必死に抗い、
なんとか終点到着だけは避けゲーム終了。


GWT_03.jpg
終了時の盤面。

終わってみるとトンデモナイ点数になっていましたよ(^^;;



GWT_08.jpg
オウフ…。



結果
1位 2x4 103点
2位 ココ 79点
3位 Naoten 55点


辛うじてダブルスコアは免れた!
が、Naoten点数低いッ!2x4さん点数凄い!!
そしてカウボーイ路線に真面目に取り組んだココさんは牛だけで30点。
これはこれで凄いぜ…。


GWT_05.jpg
終了時の2x4さんの個人ボード。
え、こんなに人って並ぶんや!?




うーーん。負けたけども、やっぱりGWT面白い。
拡張も導入予定なので、近日リベンジしたい。

そんな感じで、
夕方にはお開きになったミニ自宅アナログゲーム会だったのでした。

良いアナログゲームライフを!
それではまた。





おまけ。

フランチャイズとグレート・ウエスタン・トレイルの合間に、
「はっきよいゲーム」で遊びました。

最初に2勝したプレイヤーが勝利のシステム。
ココさん、Naoten、2x4さんの順に1勝ずつ取り、
無事全員分の「ごっつぁんです」(野太い声で)を聞けてご満悦の所。

いよいよ勝者を決める最後の土俵入りに。

初期手札に「ねこだまし」が配られていて、
しかも場からもう1枚「ねこだまし」を回収したNaoten。

他の皆の準備が整う前に「はっきよい」を全部揃えフェイズ終了。
「結びの一番です」(野太い声で)を発して最後ののこったフェイズに。

皆の手札が弱い所に来て「ねこだまし」2枚と言う横暴により、
最後に「ごっつぁんです」(野太い声で)をNaotenが発し、
戦いはナオの花の優勝と相成ったのでございました。

はっきよいゲーム
ねこだましっ!あ、ねこだましっ!!

 

tag: アナログゲーム自宅アナログゲーム会グレート・ウエスタン・トレイルはっきよいゲーム

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS