一段落して、ようやく風呂入って、一息ついたので。

昨晩ものっすごく長い時間戦っていた
ダークビジョンズ(以下DV)の最終ステージ「ダークラムウ」。

FFBE_ダークラムウ戦闘中セピア
端的に言って地獄でした。

随分と長い事戦った末、
ようやく決着が付きましたので事の顛末をば。


(以下、追記へ。)



そもそもFFBE、
長いこと僕はログイン勢となっており、
ログインで貯めた石でたま~にキャラを引いてはイベントを軽く遊ぶ程度の感じでした。
(2周年イベント当日、全てが変わった。)

そんな訳で、最近の所謂フェス限キャラでは
「アルドール王レイン」「五闘星のニコル」「リュック(FF10-2)」くらいしか星7化は出来ておらず、
旧態依然とした戦力しか保有しておりませんでした。

そんな折、開催されたのが今回のDV。
序盤は2ターンとかで倒せたもので、
まぁいつもどおり初回クリアだけしようかな程度で始めました。



ステージが進むにつれてどんどん難しくなっていくのですが、
忍者がジャンプの高さを上げる訓練の様に、
少しずつ高くなる植物をなんとなく飛び越えていたら最終ステージまで来ちゃったよ、テヘ。

そんな感じでした。


そして軽い気持ちで踏み込んだその最終ステージのダークラムウこそ、
真の僕の限界値付近の敵だった様で、
その戦いはかつてのアイガイオンとの死闘を想起させました。

FFBE アイガイオンとの死闘 その1 ~立志編~(2016/12/21)
FFBE アイガイオンとの死闘 その2 ~編成編~(2016/12/25)
FFBE アイガイオンとの死闘 その3 ~耐久編~(2016/12/30)
FFBE アイガイオンとの死闘 その4 ~決戦編~(2017/01/05)




このダークラムウは物理属性の水が効く様なので、
味方単体に水属性を付与できる「五闘星のニコル」はうってつけに思えました。

しかしながら「五闘星のニコル」は水耐性を下げる事が出来なかった。
ただでさえ低いダメージが途方もなく低くなるので水属性ダウンは必須である。
そこでまずは6人目にティファ(1体しか引けてないので星6)を編成。


FFBE_ダークラムウ_初期編成
再びリュック(Ver違いです)が居る事に、アイガイオン戦との共通点が伺える。

これは良い感じで推移しそうと思ったら、
途中でデスペガを食らってバフ(リレイズ含)を消されて全滅。

魔法対策に「人造破魔石」が必要らしいのだけれど、
残念ながらそれが貰えるイベントはサボっていたので持っていない。


であれば彼女を出すしかあるまいて。


セリス


そうセリスであった。

星7が闊歩するこの世界で、
星3スタートで星5止まりの彼女こそが、
僕を高みへと導く存在であった。

彼女には誰にもない奥義、「まふうけん」がある。
(まふうけんを発動した自ターンから次の敵のターンまで効果が続き、
 魔法を1度だけ封じる事が出来る。自パーティも対象になるので手番の最後にやるべし。)


だが彼女を編成してティファを抜くと水耐性が下げられない。
彼女を編成してニコルを抜くと水属性を付与できない。

攻略サイトを覗きアビリティを調査しまくり
悩みに悩んだ末に見つけたのがルナフレーナであった。

ルナフレーナ
実装時、だいぶ炎上したルナフレーナ。

この子は4ターンに1度使用できるSPアビにて、
PT全体に水属性を付与しつつ、敵の水耐性を120%下げる事が出来る。

ただし潜在アビであった為、急遽FF15のボスバトルをクリア。


FFBE_シリーズボス_アーデン
余裕ッス!

これにてアビリティ「水神との誓約」を取得。
1体しかルナフレーナ引けてない僕ですが、
星6で習得可能なのでなんとかなりそうです。

彼女は支援(バッファー)タイプなので、
同じくバッファーのニコルをアウトしてイン。


結果、こんなPTになりました。


FFBE_ダークラムウ_最終編成


ここまで説明が長かったので巻いていきます。

覚醒レイン:盾
 魔法範囲防御→LB→魔法範囲防御→LB→…の繰り返し。
 緊急時リュックの代わりにストップ対策技。
 精神1400くらい。耐雷+100%。

 LBは椅子レインとのチェイン用。48チェインする。

リュック(FF10-2):デバッファー
 召喚獣はラクシュミにしてストップ対策。
 デバフをしてストップ対策したら空いた手で
 LBゲージ上がりやすくするバフしたり
 LBゲージ上げたり物理回避分身つけたりチェインに相乗りしたり。

 有事の際はSPアビで全体リレイズor全体回復。

エアリス:ヒーラー
 リレイズ&HP及び状態異常回復要員。
 手が空いた時はルナフレーナの代わりにダメージ軽減バフも巻く。
 LBとSPアビで全体リレイズを可能な限り継続。
 チャンスのタイミングではデスペガも撃つ。

 余裕がある時に遅延回復アビを使っておくと次のターン楽。

アルドール王レイン:アタッカー
 LBゲージ増加→LB→LBゲージ増加→LB→…を繰り返し覚醒レインとLBチェイン。
 LBゲージ増加の際は範囲バリアや範囲回復、デスペル技、4種バフを織り交ぜる。
 特にバリアが強烈で、生存率がかなり変わる。

ルナフレーナ(星6):バッファー
 召喚獣はカーバンクル。
 魔法ダメージ軽減アビとダメージ軽減アビを切らさない。
 れんま→デスペル&バサンダガやバサンダガ単体も行いバサンダガを切らさない。
 余裕がある時は4種ステータスバフも巻くがあまり余裕はない。

 また最初にレインがLBを撃つ際に「水神との誓約」を打ち、
 アタッカー勢に水属性付与と敵に水耐性ダウンを与える。

セリス:まふうけん
 まふうけん。徹頭徹尾まふうけん。
 (本当に困った時だけフェニックスの尾やユニコーンの角使用する係。
  彼女がまふうけん使えないターンは念の為攻撃を諦める。)
 狙われるのを防ぐ為に「大鴉のマント」装備。




何をするかは上に書いたけれど、いくつか注意点。
ラムウに時折防御バフがつくので、
そのタイミングでエアリスが
W白魔→デスペガ&ケアルジャ or W白魔→デスペガ&リレイズ or W白魔→デスペガ&エスナガ。
その後、リュックでデバフを入れ直してからレナフレーナで「水神との誓約」を撃つ。

ここに椅子レインと覚醒レインのLBチェインが発動できると中々良いダメージが出る。

なぜ防御バフを待つかと言うと
「水神との誓約」の水耐性ダウンの効果中に防御バフされると、
ダメージがひどい事になるので。

数ターンおきに使う様なので、
防御バフをやったターン始動だと事故らなければ2回、LBチェインを叩き込める。

(必ずしも防御バフにあわせる必要はない。
 ただ「もう少しで防御バフ来るかも?」と言うタイミングの場合、調整した方が良いかも。)

それと全体リレイズに関しては
エアリスがSPアビ(6Tに1回)とLB、
リュックがSPアビ(8Tに1回効果4ターン!)の
合計3枚あるので使用間隔を調整して上手いこと頑張る。

特にエアリスのLBは起死回生の1手なのでPT半壊時のお供に。



とにかく長い戦いを終えたのは深夜1時半頃。
初戦闘開始は18時ぴったりだったので合計7時間半ほどかかった事になる。
(駄目だったPT時での戦闘やアーデンとの戦闘も含む時間。)


そう、合計7時間半。
総ターン数93をかけて、
ついに僕は勝ったのだ。




FFBE_ダークラムウ_クリア
こんなヘタレなPTでこんなに時間をかけてクリアしたのは僕くらいじゃないだろうかorz


イベントは金曜日から始まり本日23:59で終了。
未だクリアできていない人に何かしらの参考になれば幸いです。

おやすみなさいませ(;´д⊂)


 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング