Page up▲

PC エアフロー改善作業

前回までのあらすじ

熱暴走魔王により罪の無いHDDは恐怖のズンドコに落とされた。

そんな時、この事態を打開すべく現れたのが、
ナオの勇者 エアフロウだった…。




っと言う訳で、昨日届いたエアフロー改善パーツを装着する事にした。

届いたのは2点。

HDDクーラーと。
HDDクーラー

PCIスロットクーラーだ。
システムクーラー


早速、PCケースをかっさばき、
HDDを取り出す。


HDD1.jpg


そこにHDDクーラーを装着!!

HDD2.jpg


そして戻す!!!


ガチン。



ん?




戻す!!!


ガッチ~~ン。










……………………………。


フレームの関係で元の位置にはまらねぇ…。






て、て、撤去!!
そりゃぁあ!!


つ、続いてPCIスロットクーラーじゃぁ!!


PCIスロットクーラーを買ったのには理由がある。
まず、これを見て欲しい。





分解熱源
PCケース上半分は完全にエアフローが分断され、
もっとも保護すべきCPUは豪華なエアフローとなっている為、今回は考慮しない。
下半分の粗悪なエアフロー部分を修正する。


これが我がPCの主な熱源である。


んで、これが予想される現在のエアフロー。



分解エアフロー


青い線が冷たい風。
オレンジがあったかい風。
赤が熱い風。

で、なんとこのPCケース。
熱の排出先が、電源ユニット部分にしかない。

電源ユニットの上部からPCケース内の空気を吸い込み、
電源ユニットの背部から外へ出すのだ。


だが問題がある。

それは無線LANボードが空気の通り道を塞いでいる事である。
(緑色の部分が無線LANボード。)

すると、グラフィックボードからの排熱が、
無線LANボードにより遮られ、
赤い帯の部分で熱が滞留し、
これによりケース内の温度が跳ね上がってしまう。

そこで、
無線LANボードの上のスロットに排熱ボードを装備し、
このようにエアフローを調整する予定だ。




分解新エアフロー


装着完了!


事前に測っておいたPC温度がコレ。

初期1

GPU…、つまりグラフィックボードが熱い。

ここでFFXIVのベンチマークを動かすとこうなる。



初期2
バーニング!!



装着後に測った温度がコレ。




搭載後1
全体的に温度が下がっているのが解る。



ここでFFXIVベンチマーク起動!!



搭載後2


通常時
GPU:63→59
CPU:15→12

高稼働時
GPU:82→78
CPU:22→20


2、3度減少?
意外と大したことないな~(;゜д゜)


これからもちょいちょいエアフローを改善していこう。
そう思ったNaotenなのでした。



おまけ。

PCIスロットクーラーの箱の裏に書いてあった文字。


ブラックライト


ブラックライトで妖しく光ります。
*ブラックライトは別途ご用意下さい。



ブラックライト別途用意とか意味わかんね~し、
光ってもPCケースの中だから見えね~し!!


みたいな。

あと、結局装着できなかったHDDクーラーどうしよう…。

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS