Page up▲

UQ1Day包囲網

2012年頃に端末代込の月額税込1,980円&1年縛りで契約したモバイルルーターのWM3600R。



自営業だし基本的に外出はしないタイプなので
外出先で大容量通信が必要になる事はほぼ無い。
おまけにIIJMioのSIMには6GBの通信が絶えず満タンなので、
1日くらいならハードな使い方をしても6GBなら問題ない筈だ。

しかしながら出張や連日出先作業等の可能性もあるし
何かあったらマズイと考え当時契約に至った。


(以下、追記へ。)
 



2013年頃、1年縛りの更新のタイミングで解約。
無事、1,980円x12ヶ月の総額23,760円でWM3600Rを手中に収めた。

当時WM3600Rは単品買いで18,000円程度したので、
端末を買いつつ1年間通信出来る状況にあったのであればお得であった。

まぁ、実際、その1年で何回使ったかと言う話は置いておいて、
端末を手中に収めたかったのは他にも訳があった。

この端末を持っていれば、
以降、UQ 1 Dayと言うサービスに申し込んで、
1回、572円。24時間限定で高速通信が利用できるのだ。

UQ1Day.jpg
この為にWM3600Rを抑えたと言っても過言ではない。

しかしこのサービス、
実は去年の9月でもう新規申し込みは出来ない状況となっている。
おまけに去年の9月以降、90日の間、
UQ 1 Dayを1度も使っていないとアカウントも消去されてしまう。

さらに悲しい事に、そもそもUQ 1 Day自体が、
来年、2020年3月31日をもってサービス終了となってしまうのである。
(サービス終了となるのは他に「UQ Flat年間パスポート」
 「UQ Flat年間パスポートハート割」「UQ Flat」「UQ Step」がある。)

これはWiMAX帯域が停波し、WiMAX 2+へ組み込まれてしまう事が理由である。

停波

WM3600RはWiMAX帯域を掴むことは出来るがWiMAX 2+帯域は掴めない。
つまり大して使っていないWM3600Rは
ただのモニュメントと化してしまうのである。

ちなみにWiMAX 2+対応のモバイルルータを新調すれば
引き続きUQ 1 Dayが利用できるならば良かったのだけれど、
残念ながらUQ 1 Dayの代替となるサービスは無く、
完全にワンDの遺伝子はここで潰えてしまう。

昨日の記事で書いた3G回線やキャリアメールの凋落に引き続き、
またもや僕から電波を奪っていくとは、
なんとも世の流れは無情だとため息を漏らすのでございました。





なお、WiMAX 2+は3日で10GBの通信制限がありますが、
WiMAXは未だに通信制限がありません。
WiMAX 2+に比べて通信速度が遅いと言うのはありますが、
残り容量を気にしながらのネットサーフィンなんて、
晩飯が何かを気にしながら家出をする様なものですよプンプン!


HelloWiMAX.png


とりあえず僕は3月末まで使える状況を維持し続けているので
最後までこのアカウントは大切に使いたいと思います(;´д⊂)

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS