Page up▲

スマホ バッテリー交換

僕はフィーチャーフォン持ちではあるけれども実はスマホも持っている。
無論、スマホゲーをやる為だ。

2017年4月、某所にて新品2万で買ったスマホは値段に対して高性能だった。

スマホ
こうして見るとフィルムの傷が目立つな…。


しかし購入から2年と半年ほど経ち、ついにバッテリーがヘタってきた。
充電満タンの状態から買い出しに出撃し、
車で30分ほど市内を回って帰宅すると充電が60%くらいまでになっている始末。

特に何もいじってないのに。


スペック的には2年半経った今でもまったく問題ないのだけれど、
流石にバッテリー弱りすぎたので交換する事にした。


(以下、追記へ。)
 



元々2万で買ったスマホである。
バッテリー代に6,000円とかかける様なら新品を買った方が良い。

そこで中国の通販サイトAliExpressを利用した。
(アリババの国外向け通販サイトだと思われる。)
ここはジャンクがおよそなんでも揃う。

今月4日に注文したバッテリーが本日到着。

到着

ちなみにバッテリーは送料込で1,385円だった。

商品ページには4700mAhと書いてあったが
届いた商品には5500mAhと印字してあった。

スマホ交換バッテリー


このアバウトさが中国よな!(褒め言葉
(だから5500mAhも信じない方が良いかも。)

到着物一式がこちら。

スマホ交換バッテリー一式
バッテリーの他、スマホ分解用の簡単なツールもついてきた。

イマドキのスマホはネジ止めなどはしておらず両面テープ止めだと言う。
そこでドライヤーなどで背面を温めてから吸盤でひっぱり、
空いた隙間にピックを入れてベリベリ剥がしていくそうなのだが、
さすが酷使しまくった僕のスマッホである。

バッテリーが熱膨張か何かしてる様で、
そんな事せずとも背面が浮いていた。


スマホ背面浮き
お分かりいただけるだろうか?

ずっとケースに入れていたので気づかなかったですぜ。

一応、ドライヤーで熱を送り込みつつ
ここにピックを突っ込んでえいやとやると、
ベリベリと両面テープが剥がれる音がして無事、背面パネル取り外し完了。


スマホ背面取り外し後
バッテリーがふんわり膨張しているのが分かる。


あとは [ 型のオレンジ色の配線のネジ止めを外してバッテリーを取り外す。
実はバッテリーも配線以外は本体に両面テープどめされているだけで、
バッテリー下部の黒い2つのタブを引くと、裏面の両面テープが引き抜かれる仕組みになっている。

タブをひっぱって両面テープを2本除去して古いバッテリーを取り外す。
そして新しい両面テープを貼った後、新しいバッテリーを入れる。


この時点で通電してみて問題なく動作確認。
後は背面パネルを貼って作業を完了した。

常時充電する様な使い方をしていたのが
随分とバッテリーをヘタらせる原因になった気がするので、
今後はできるだけ

・10%を下回ってから充電開始する。
・満充電(寝ながら充電)はしない。

そんな使い方を心がけようと思うのでした。

 

tag: スマートフォン

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS