Page up▲

アナログゲームライフ167 ズーロレット 届く

本日、ズーロレットが届きました。

ズーロレット
パンダーッ!!

本当は今日プレイしてその様子も含めて記事にする予定だったのですが、
届いたのがちょっと前なので無理そうな気配な為、
とりあえず届いた報告及び購入動機の説明のみとなります。



(以下、追記へ。)
 


ズーロレット
ゲームデザイン:ミヒャエル・シャハト
発売年:2007
プレイ時間:45分
プレイ人数:2-5


今回購入したズーロレットは、
コロレットと言うゲームから続くこの系譜の直系で、
カードゲームだったコロレットを発展させて、
動物園をテーマに置き換えブラッシュアップした作品です。

コロレット
カードゲームでカメレオンが題材だった「コロレット」。


姉妹作にアクアレットと言うものも存在します。

アクアレット


また、同じズーロレットでも2人専用の「ズーロレット デュエル」、
元々ズーロレットの簡易版として
「ズーロレット ミニ」と言う名前で発売されていたが
現在は名前を変えて販売されている「ズーロレット ジュニア」があり、
その他、多くの拡張も出ている作品です。

僕がボードゲームを始めた頃は今ほどボードゲームの種類が多くなく、
どこでも鉄板ゲームの1つとして紹介されていた様な気がしますが、
動物を飼うと言う意味では同時期発売のアグリコラに知名度を奪われてしまったと言う印象です。

同じく動物を飼うと言えば
アグリコラの直系の僕が大好きカヴェルナがあります。

カヴェルナ
カヴェルナ。ある日のプレイ風景。

しかしこちらは大変重いゲームでサクッと遊ぶ事は中々出来ません。

それ対策にやはりカヴェルナと同じウヴェ作品のヌースフィヨルドを買いましたが、
確かにプレイ感は軽いのですがこっちは動物が飼えない!!

ヌースフィヨルド_01
ヌースフィヨルド。ある日のプレイ風景。
青いのは動物と言うより漁で入手した魚。



比較的軽くて動物コマ或いは動物タイルをひしめかせて遊ぶゲームは無いか?
と思いを巡らせた所、あ、そう言えばズーロレットってあったな!

と。

往年の名作を今更ながらに購入に至った次第でございました。(経緯説明長い!)


ズーロレット盤面
ズーロレットのコンポーネントイメージ。



日本での販売定価はだいたい6千円、
実売でも5,500円と結構お高いのですが、
たまたま並行輸入品が4,320円だったので購入。
(さらにキャッシュレス還元事業により送料込で5%引きの4,104円。)

最近では諸事情で大勢が集まってゲーム、
と言うのも自粛したい雰囲気もあるので、
まずは2人くらいで試しに遊んでみたいとそんな風に思う僕なのでした。


良いアナログゲームライフを。
それではまた。

 

tag: アナログゲームボードゲームズーロレット

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS