Page up▲

アナログゲームライフ171 テラフォーミング・マーズ拡張:動乱(TURMOIL) 届く

去年4月にKickstarterで出資したテラフォーミング・マーズの拡張、
動乱(TURMOIL)が本日午前中に届きました。

テラフォーミング・マーズ_動乱
上級拡張……。つ、つよそう。

ちょっと忙しくてルールは読み込めていないので
とりあえず届いた報告やキック理由等。



(以下、追記へ。)
 



このテラフォーミング・マーズ拡張動乱をキックした理由はいくつかあるのですが、
1つ目はストレッチゴールに厚紙2層構造で作成された個人ボードが設定されていた事。

基本セットに付属する個人ボードはペラ1枚の関係で、
ちょっとした振動で上のトークンが動き、
元々どこにあったかわからなくなってしまう事が頻出しとったんです。


テラフォーミング・マーズ_最終2x4さん
ある日の2x4さんのプレイ終了後の盤面。(基本セットに同梱の個人ボード。)


今回届いたセットに内包されていたストレッチゴール版の個人ボードがこちら。


テラフォーミング・マーズ_個人ボード
デザインも少々異なる。


テラフォーミング・マーズ_個人ボードz
この3D感、お解りいただけるだろうか。


個人ボードへの不満は海外でも強いようで、
プラスチックなどで出来た個人ボードも様々発売されていますが、
1つあたり1,000円弱する上に送料までかかって中々キツイ所。
これがオマケで5つつくのであればそれだけでお釣りが来ると言うものでございました。


2つ目のキック理由は去年の4月の時点では日本発売前だった
コロニーズとプレリュードの日本語をオプションで指定でき、
しかもかなり安く購入出来た事。


テラフォーミング・マーズ_コロニーズ
今回動乱と一緒に届いたコロニーズ。箱の大きさは動乱とまったく同じ。

テラフォーミング・マーズ_プレリュード
同じく動乱と一緒に届いたプレリュード。箱は二周りほど小さい。


購入価格はこんな。


テラフォーミング・マーズ_コロプレ購入価格


当時は今以上に飛ぶ鳥を落とす勢いのテラフォでしたから、
早い物合戦に打ち勝って拡張の予約が出来るかどうかも非常に疑わしく、
じゃあ、確実に買えてしかも安いなら手に入れない訳にもいかんでしょう。
と言う訳でした。

コロニーズはさておき、
プレイがスピーディーになると評判のプレリュードは、
早速次のプレイ時にでも導入してみたいと思うレベルで気になっております。


そして3つ目の理由は、まぁ、やっぱり動乱ですよね。

こちらに関してはKickstarterでの入手が最速であると
事前にアークライトから説明があった事と、
火星盤面への配置以外にインタラクションが薄めのテラフォにおいて、
政治的要素導入によりプレイヤー間のインタラクションを強められる事が決定打でした。

テラフォーミング・マーズ_動乱_委員会ボード
動乱(TURMOIL)の付属ボードの1つ。委員会ボード。


それ以外にもキック理由は個人ボード以外のストレッチゴール品など色々あるんですが、
それはまたプレイ後の記事にでも書こうと思っています。

今週末は忙しいのでプレイできるかちょっと微妙ですが、
出来るだけ早く遊びたいなぁと思う僕だったのでした。



良いアナログゲームライフを。
それではまた。

 

tag: アナログゲームボードゲームカードゲームテラフォーミング・マーズKickstarter

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS