Page up▲

アナログゲームライフ183 クアルト・ミニ

クアルト・ミニが届きました。

クアルトミニ_01
シンプルな良ゲー。


(以下、追記へ。)
 


クアルト・ミニ
デザイナー:ブレイズ・ミュラー
プレイ人数:2
プレイ時間:15分
対象年齢:8~



クアルト・ミニは、クアルトと言うゲームの小型版。
ルールは完全にクアルトと同じですがコンポーネントが小さくなっています。
日本の住宅事情的にはミニでも問題ないかも知れません。
(価格も半額くらいですし。)


で。
内容物はシンプルでこんな感じ。


まずはボード。


クアルトミニ_ボード
4x4の盤面。シャレオツ。


それと木製コマ。


クアルトミニ_コマ01
収納袋付き。


ルールもかなりシンプルでお互い交互にコマを並べていき、
先に縦・横・斜めのいずれか4マスに同じ属性を持つコマを並べれば勝利です。

同じ属性については少しだけ注意が必要。
クアルトに付属する木製コマは全部で16種類。


クアルトミニ_コマ02


同じ属性とはすなわち以下の4x2パターン。

・コマの高さ
・コマの色

クアルトミニ_勝ちパターン01
上段:コマの高さが同じ(小さいのが4つでも良い。)
下段:コマの色が同じ(黒っぽいのが4つでも良い。)



・コマの穴の有無
・コマが円柱か角柱か

クアルトミニ_勝ちパターン02
上段:コマに全て穴が空いている(穴が空いて無い4つでも良い。)
下段:コマが全て角柱(円柱が4つでも良い。)



1つのコマが4つの属性を持ち、
それらどれかが一致して4つ並べれば勝ちならば、
大して難しくないのでは?となるわけですが、
このクアルトで最も特徴的なルールとして、
自分が配置するコマは相手が決めるのです。

先行を決めたら、
まず先行プレイヤーが16個のコマから1つを選び、
後行プレイヤーに渡します。

後行プレイヤーはコマを受け取ったらボードの空きマスに配置。
次に後行プレイヤーが残り15個のコマから1つを選び、
先行プレイヤーに渡します。
コマを受け取った先行プレイヤーはボードの空きマスに配置。

以降、この手順を交互に繰り返します。

何も考えずに配置しただけでも容易に属性が揃ってしまうので、
コマを渡すプレイヤーは条件が成立しない様に
よく考えてコマを渡して行かねばなりません。

属性が4マス揃ったプレイヤーは「クアルト!」と宣言する事により勝利となります。

置いたプレイヤーが気づかず手番を譲った(次プレイヤーにコマを渡した)場合、
次プレイヤーが「クアルト!」と宣言してコマを置かずに勝利する事も可能です。




このクアルトは囲碁や将棋の様な、
いわゆるアブストラクトに分類されるゲームで、
運要素が無く、プレイヤーの実力がモロに出るタイプとなっています。

しかしながらプレイ時間はかなり短い為、
(箱には15分とありますが、だいたい5分で終わる。)
短時間で高度な駆け引きを気軽に楽しめるのが気に入りました。

クアルトミニ_02
ある対局の結果。丸穴勝利の図。

熟達してくると勝負がつかない事があるらしいですが、
縦・横・斜め以外に2x2のブロック部分で属性一致を許容する追加ルールがあるとの事で、
そうなれば流石に決着は早まるかと思います。

いずれはそんな高度な戦いをしてみたいものです。


良いアナログゲームライフを。
それではまた。

 

tag: アナログゲームボードゲームクアルト

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2021 直天堂のカステラ, all rights reserved.
12 | 2021/01 | 02

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS