Page up▲

アナログゲームライフ184 ウボンゴ ミニ

ウボンゴ ミニが届きました。

ウボンゴミニ_01
ウボンゴとはスワヒリ語で「頭脳」の事なんですって!


(以下、追記へ。)
 



ウボンゴ ミニ
デザイナー:グルゼゴーツ・レヒトマン
プレイ人数:1-4
プレイ時間:15分
対象年齢:7~


本家ウボンゴよりもルールが簡素化され、
遊びやすくなっていると言うウボンゴ ミニ。

値段も大変手頃だったので購入しました。


対戦ルール
(2、3、4人用ルール)

セットアップ

・各プレイヤーに全て違う形の8つのピースを配る。
・簡単なA面、難しいB面のどちらを使用するか決める。
・プレイ人数に応じて問題カードの枚数を変更して、
 使用しない方の面(AorB)を上にして山札を作る。
 

各ラウンド
(全てのプレイヤーは同時に行う。)

・各プレイヤーは山札から1枚、問題カードを引く。
・開始の合図と共に問題カードをひっくり返す。
(もともと、使用する面が下向きだったはずなので表返す。)
・問題カード上の白いマスにはみ出さずに全て埋まる様に、
 8つのピースから選んで配置する。

ウボンゴミニ_02
問題カード(写真はA面)と8つのピース。

・1番最初に埋めきったプレイヤーは「ウボンゴ」と叫ぶ。

ウボンゴミニ_05
埋めきった所。なお、答えは1つではない。


・ウボンゴと叫んだプレイヤーはそこから
 A面使用時は20秒、B面使用時は30秒をゆっくりカウントする。
・カウント終了するか全プレイヤーが問題を解いたらラウンド終了。
 問題を解いたプレイヤーは自分の問題カードを得点として獲得。
 解けなかったプレイヤーは自分の問題カードを
 ウボンゴと叫んだプレイヤーに渡す。


ゲーム終了

・ラウンド開始時、山札が全て無くなっていたらゲーム終了。
・手元にある問題カード1枚につき1点として最も多くの点数のプレイヤーが勝利。
 (同点の場合は全てが勝利者。)




ソロ用ルール

・5分(10分、20分)タイマーを測り、時間内に何枚の問題を解けるか挑戦。
  or
・5個(10個、20個)の問題を解き、何分で解けたかに挑戦。

解くのに時間がかかりそうだと判断した場合、
次の問題カードをめくってそちらで挑戦を継続しても良い。




高難易度化ルール
(ソロ時、対戦時共通)

・黄色の縦棒ピースを除外して遊ぶ。
(これを利用して大人と子供が一緒に遊ぶ際の調整をしても良い。)




と言う訳でまずはソロで遊んでみました。

5分でどれだけ解けるかに挑戦した所、
初挑戦時は5枚しか解けませんでした(;´д⊂)
(その後、だいぶ上達したのでもっといけそうですが。)

ウボンゴミニ_06
上の5問をクリアして6問目の途中で終了。


ソロゲーム終了後、続いて、A面で対戦もやってみましたが
全てのラウンドで誰かがウボンゴと叫んでから20秒以内に
残りのプレイヤーが完成させ、全員同点でゲーム終了。

カウントを10秒にするなりしないと勝負はつかなそうですが、
白マスにピースを埋める行為そのものが楽しいので
勝負なんてむしろつかないほうが良いのかも知れません(^^;

大変面白かったので
ウボンゴ ミニ最新作のトライゴとエクストリームも
予約してしまった僕だったのでした。
(写真見る限りすっげー難しそうなんです!)

良いアナログゲームライフを。
それではまた。





ウボンゴ ミニは発売中。トライゴとエクストリームは
Amazonでは明後日22日に発売で現在予約受付中です。


 

tag: アナログゲームボードゲームウボンゴ

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS