Page up▲

アナログゲームライフ188 レヴィアス襲来

少し記事にするのが遅れましたが
26日の午前中、クラウドファウンディングサイトMakuakeで支援した
怪獣災害戦略ボードゲーム「レヴィアス」が届きました。

レヴィアス_01
迫力泳法。

これはボルカルスに続く「Kaiju on the Earth」シリーズ第二弾です。


(以下、追記へ。)
 



このレヴィアスはボルカルス同様、
怪獣側 1人 vs  人間側 1人~4人
(総プレイ人数2~5人)の非対称対戦ゲームです。
(ボルカルスは怪獣1人 vs 人間側1人~3人。)

人間と真っ向勝負を挑んだボルカルスとは違い、
レヴィアスは海洋を隠れ蓑にしつつ不気味に陸地を狙います。

ルールを読む限りは
犯人側に攻撃要素のあるスコットランドヤードと言う印象です。

実は僕はボルカルスにおいては
1度も怪獣(ボルカルス)側でプレイした事は無くいつも人間側だったので、
今回のレヴィアスでは是非とも怪獣側でプレイしたかった。

ここに、たっての願いにより、
怪獣ナヴィアス(ナオテン+レヴィアス)が誕生した。

人間側は2名。
あーだこーだと相談している中、
レヴィアスの初期位置は27番に違いないと言う声が聞こえてくる。



え?


27番であってるんですけど!!?

エスパーかよ!?
と戦慄しながらもエネルギー玉を貯めて
陸地付近の3番まで接近するナヴィアス。

3番からはAとCの陸地を狙えるのでどこから狙撃したか解るまい。
まずは陸地Aを津波攻撃する。
(陸地A~Eの内、4箇所破壊で怪獣側勝利。)

んが、
特殊堤防により津波攻撃が失敗。

27に居ると予想したなら普通は堤防はEに作らない??

エスパーかよ!?

しかもこの攻撃により、
何故か3に居ると特定されるナヴィアス。

エスパーかよ!?


周りを音波機雷で囲まれ始める。

レヴィアス_02
やべぇ。

機雷で全方位囲まれれば怪獣の敗北である。
慌てて6→14→30と離脱。

なお、写真上のレヴィアスコマは実際にそこにいる訳ではなくて、
あくまで人間側プレイヤーによる予想目安位置です。
(もちろん、どこに置いても良い。)

30マスから再度陸地Aを津波攻撃し今度こそ陸地破壊。
狙撃したら位置移動。

18番マスへ退避する。
すると何故か18の位置も特定される。

エスパーかよ!?

18付近の海上封鎖が始まったので慌てて
28→31→25と離脱。

流石にこれは捉えきれなかった様で、
18付近に潜み続けていると誤認識。

その後、14の位置から陸地Cを狙撃……するも、
またも堤防で防がれる。

エスパーかよ!?

ただし、この14からの陸地C狙撃は
18から狙撃されたと誤認識を加速させる事に成功。

人間側が18囲いを継続する中、ついに時間切れ。
ナヴィアスは無事、人類を恐怖のどん底に叩き落とす事に成功したのでありました。


レヴィアス_03
ゲーム終了後、答え合わせのレヴィアスコマ置き。


レヴィアス、想像した通りのゲーム性と面白さで
久しぶりに「ボードゲームを遊んだ」と言う気分になった。

ただ、全員初プレイなので
色々と解っていない事もあると前置いた上で、
人間側が複数人数になるメリットが皆無どころかデメリットしかなさそうな事が気になった。
1対1が最もバランスが取れている様な気がします。
(話し合って情報が漏洩したり方向性が乱れるデメリット。
 もちろん、ブラフを演じきれればメリットになりますが高度。)

まぁその辺り、
もう少し遊べばより正確な所も解ってくるかもなぁと思いつつ、
ひとまずは期待した水準を超えたゲームで良かったと考える僕だったのでした。


良いアナログゲームライフを。
それではまた。

 

tag: アナログゲームボードゲームレヴィアスファーストインプレッション

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS