Page up▲

アナログゲームライフ205 イスタンブール BIG BOX

イスタンブール BIG BOXが届きました。

イスタンブール_BIG BOX
真ん中の山田孝之感。

名作と謳われるイスタンブールですが未所持。
と言う事は当然ながら拡張も未所持だった為、
今回のBIG BOXは大変お得なパッケージとなりました。


(以下、追記へ。)
 


イスタンブール BIG BOX
デザイナー:リュディガー・ドーン
プレイ人数:2-5
プレイ時間:40~90分
対象年齢:10~


このイスタンブール BIG BOXは
本体に加えて2つの拡張「コーヒーとお恵みを」「書簡と証印」が同梱されたセット。

これの僕の購入動機は3つ。

まずは名作と聞き及ぶが未所持であった事。

次に、いずれの拡張も日本語版が発売していなかった事。
(「コーヒーとお恵みを」に関してはカードに言語依存有り。)

最後が価格が7,150円とお求めやすかった事。
(例えば本体と拡張2つをAmazonでそれぞれ入手しようとした場合、
 本日時点で合計19,728円かかる。)



と、言うわけで届いたので早速開封。
検品開始。

イスタンブール_BIG BOX_検品
オラ、ワクワクすっぞ!

いやしかしタイル類が多い。
12枚もボードあります。


イスタンブール_BIG BOX_タイルボード
拡張分もあるから相当量に。


カード類はハードスリーブ角まるしてイン。


イスタンブール_BIG BOX_角まる
実はスリーブの備蓄がちょっぴり足りず、ヨドで発注中。



検品が完了したのでルールを読む。
コンポーネントから判断して勝手にワカプレだと思っていたのだけれど、
よく読めばワカプレではないですねこれは。

ダイスを振らないすごろくで、
行った先のマス目のアクションを実行していくと言うのは、
どこかしらGWTを思い起こさせますが、
プレイしてみたらどう感じるのでしょうかね。
(あちらは基本一方通行なのでよりすごろく感が強いですよね。)

なぜ親族コマが警察署で勾留されているのかが謎ですが、
本来、地道に移動していかなければならないバザーを一瞬で移動する親族コマはきっと悪い事をしてるんでしょう。
(そう思わないと理解が追いつかない。)

そしてこのイスタンブールの説明書、
文章量はそこそこありますがスッゴイ読みやすい。
ここまで読みやすい(=理解しやすい)説明書は久しぶりでした。


検品を終えスリーブインも(一部を残し)終え
取説も読み終わったので箱へ格納。


イスタンブール_BIG BOX_収納完了
左上:基本セットのボード類。 右上:基本セットのタイルやコマ類。
左下:拡張「コーヒーとお恵みを」関連。 右下:拡張「書簡と証印」関連。とても仕舞い易い。



今日の東京の感染者数は293人。
友人達とプレイできる日は一体いつになるのだろうかと、
増えゆく未プレイアナログゲームの山を見つめながら、
ため息を漏らす僕だったのでした。
(夏に近づくにつれ感染者数はなくならないまでも減少すると言う論説もあったんですけどね……。)


良いアナログゲームライフを。
それではまた!

 

tag: アナログゲームボードゲームイスタンブール

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS