Page up▲

FFXI エピオラトリーへの道04 そして時は動き出す

2015年5月にその最初の記事を投下してから
約5年と半年の歳月が過ぎた「エピオラトリーへの道」。

VSズルコバズルコ
懐かしのズルコバズルコ戦からはや幾星霜。

このかん、エピオラトリーへの道を無心に突き進んでいたかと言えばそうではなく、
2016年2月に一時的に(のつもりで)引退して以降そもそもFFXIから長らく離れており、
ぶっちゃけて言えば何もしてない状態であった。
(毎回ウェルカムバックキャンペーンには戻っていたが短い期間で何をするでもなかった。)

だが、雌伏の時はついに終わりを迎えるのでありました。


(以下、追記へ。)
 




伝説は、こうはじまる。
すべての起こりは『石』だったのだ、と。



FFXI_OP_クリスタル




もとい、『キャンペーン』だったのだ、と。


FFXI_メナスインスペクターキャンペーンHQ



先日当ブログコメント欄にてカクルジャンさんから
「メナスインスペクターキャンペーンHQ」の詳細を教えて頂いたNaoten。

つまりはこの期間、メナスの募集シャウトが多いから、
多少気をつけておきなさい、と言う事であった。

魔導剣士がエルゴンウェポンである
「エピオラトリー」の作成にはいくつか避けて通れない障壁があるが、
大概はソロでコツコツ頑張ればなんとかなる類。

しかしてある1点に関してのみ、
ソロでは決して突破できない関門があった。

それがメナスインスペクターボスの討伐である。
メナスインスペクター(BF)への突入は
3人以上のPTを組んでいなければ行えない。
(そう言う意味で、ソロでは絶対に無理、となる。)

全6体のメナスインスペクターボスの討伐。
これをなし得る事によりエピオラトリー作成に不可欠な
「ユグの完全結晶」を交換入手する為の資格を獲得できるのだ。




そしてそれは訪れた。




「初期メナス3箇所行きませんか~~!ジョブ不問!」



これか?これなのかカクルジャンさん!!
気づけばそこに、
エピオラトリー行きバスに飛び乗る魔導剣士の姿があった。




1戦目 ケイザック古戦場


FFXI_メナスインスペクター_ケイザック_01
お、置いてかないで~~!!(弱腰


5年ぶりとなる野良PTにキョドりまくりながらも、
果敢に皆に着いていくNaoten。

1点、幸いな事があった。
本来であれば盾ジョブたるNaotenが先陣を切って走らねばならぬ所、
メナス経験者の魔導剣士さんがおり、メイン盾を引き受けてくれたのである。

イマドキの魔剣士がどう言った動きをスべきか、
ここで学んでおく必要があろう。


っと言う間にケイザックメナスボス到着。


FFXI_メナスインスペクター_ケイザック_02

もうね、なんの事はない。
僕は何もしてないのでこんな事を言うのはおこがましいのだけれど、
はっきり言ってなんの事もなく簡単に撃破。


ログを見て頂ければ解る通り、世は大MB時代。

FFXI_メナスインスペクター_ケイザック_03
19,159。NMボス相手にこの火力。

トンデモな威力のブリザドVがえぐり、
勇壮たる巨大蜂は数秒と待たず地に伏していた。


学んでる暇がない!!


しかしこれにて……。




メナスインスペクタークリアフラグ 2/6



2戦目 エヌティエル水林


FFXI_メナスインスペクター_エヌティエル_01


懸命なる読者諸兄におかれましてはご承知の通り、
僕は5年前にこのエヌティエル水林のみクリアしており、
そう言った理由もあり前段のケイザック古戦場クリア時点での
ボス討伐フラグは2からカウントされていた訳でございます。

そんな訳で、この1戦は消化試合と言えばそうなのですが、
メナスプラズム自体は今後も多く稼がなければならないし、
5年前に苦戦したこの戦いが今回どうなるか、
それはそれで見ものでござ……






瞬殺。

FFXI_メナスインスペクター_エヌティエル_02
ポカーン

時代の流れを痛感しました。



3戦目 モリマー台地


FFXI_メナスインスペクター_モリマー_01

1戦目、2戦目とあっちゅうまでございましたが、
3戦目はそうはいかんでございましょう。


なにせモリマーメナスボスは火属性でござる。
火とは古来より攻撃の象徴。

苛烈な攻撃により我々のパーチー半壊も時間のm



FFXI_メナスインスペクター_モリマー_02
モリマーボス「きゅ~~」

もう倒してんのか~~い!!?





メナスインスペクタークリアフラグ 3/6






クリアフラグの回収は半分…!!

まだ半分?
いや、もう半分!!

今まで停滞していた年月を考えれば、
それは異例の早さだと言えたのだ。

5年ぶりの野良PTに別れを告げるNaoten。

FFXI_メナスインスペクター_解散
おつかれさま!!


また、停滞して多大な年月がかかってしまうのだろうか?
否、それは否である。
何故ならば、僕の止まっていた時は動き出したのだから。



明日へ向かって駆け出したその男の両のまなこには、
確かに、強い光が宿っていた。


to be continued_t


 

tag: エピオラトリーへの道FFXI

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2020/10/20 09:10 [Edit]
Nameカクルジャン カクルジャン's Mail Addressカクルジャン's URL

おお 三ヶ所ツアーは嬉しいですね……!
他の時期に比べれば可能性があるとはいえ、実際募集があるかは
運次第(運ではないけど)みたいなところがあるからどうかなぁと
思っていたんですが、良かった……!

「エピオラトリーへの道」に新たな記事が追加されたことに
なんだかテンションが上がってしまいました。
あとはリアル事情の方がなんとか落ち着いてくれることを祈って……!

Date2020/10/22 16:53 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○カクルジャンさん

> おお 三ヶ所ツアーは嬉しいですね……!
> 他の時期に比べれば可能性があるとはいえ、実際募集があるかは
> 運次第(運ではないけど)みたいなところがあるからどうかなぁと
> 思っていたんですが、良かった……!

 いや、本当に!

 カクルジャンさんの話を聞いて、
 通常なら忙しくてログインしないタイミングでも、
 とりあえずログインして放置してシャウトチェック、
 合成もモグハウス内でやらずに、外でやりながらシャウトチェック、
 みたいな感じで過ごしてたらなんとかめぐりあえました!

 言われてなかったら無理でした。
 ご助言感謝でした!


> 「エピオラトリーへの道」に新たな記事が追加されたことに
> なんだかテンションが上がってしまいました。
> あとはリアル事情の方がなんとか落ち着いてくれることを祈って……!

 お祈り痛み入ります!
 過去、(主に仕事が起因して)
 一時的にFFXI離脱と言う事は多く、
 今回もそんな可能性が僅かに…。
 
 ただ折角、勘を取り戻し始めている事もあり、
 なんとか折り合いをつけてそれは避けたいと思っております!
 がんばります!

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS