Page up▲

Naoten、新生ラ王を食べる。

前回の記事で取り上げた新しいラ王。

ついに食する時がきた。

日清ラ王醤油


ウリはノンフライ麺である、という事だ。
モグモグ、ずるずる。



ラ王実食
ラーメンライスはおいどん的にはずせない。


カップラーメンに拘りのあるNaotenとしては、
ノンフライ麺を採用した元祖のカップラーメンは、
カネボウのホームラン軒だと記憶している。
(その後カネボウから加ト吉に販売権が移譲。現在は加ト吉から発売。)

当時、初めて耳にする「ノンフライ麺」と言う言葉にびっくりし、
早速購入して食べた。

その時に感じた衝撃は、
計り知れないものがあった。

まるで生麺じゃないか?美味過ぎる!?
と。

もし、ノンフライ麺である事に、
大して理解が無い人が食べたら、
「え?これ生麺っぽいね~!日清スゲー!ラ王スゲー!」
とか言うかもしれない。

だが私には通じないのである。
ノンフライ麺が生麺っぽいのは、
既に、周知の事実なのである。

後から来た二番煎じに、
自分の功績のようにどや顔されても効かないのである。


強いて言うならば、
細くちぢれ麺になりがちなノンフライ麺としては
太めでまっすぐであると言う事であろうか。
(製法に関しては詳しくないので、
 技術的革新がなければこの太い麺が作れない…
 と言う事であれば、それはそれで
 凄い事なのかもしれないが。)



え?味?
結局、味はどうなんだって?





いや、美味かったけども(笑


だけども超絶美味いかと言えば
そこには達していないと思います。



今日は徹夜で仕事。
こう言う時は、カップラーメンが食べたくなりますな。
(記事で書いたせいもあって特にホームラン軒が。)


でも、実は味噌味の方も買ってあるのです。
朝までに食べよう(^^;



味噌
味噌は実はスペシャルに美味かったりして?

それではまた!

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS