Page up▲

すき家 牛まぶしを食べてきた。

お昼に、すき家の新牛丼。
牛まぶしを食べてきた。

CA390855.jpg
店頭には牙の抜けてしまった元狂犬、加藤浩次が。


(以下、追記へ。)

カウンターに着いて、
早速注意書きを読む。


CA390856.jpg
ほうほう。

基本的にはひつまぶしのソレと同じ様な作法という事だ。
(薬味のみ乗せて食べる第二段階は推奨していない様だが。)


という訳で登場。

見本写真と比べて肉に隙間があるがそれは気にしない。


CA390857.jpg


まずはフツーに食べる。
もぐもぐもぐ。んっがっんん。

うん!んまい!
まごうこと無い普通の牛丼だ!!

1/3くらい味わった所で、
ネギと、粒山椒をかけ、
わさびを大量に牛丼の上に乗せてだし汁を注ぐ。




CA390858.jpg



どれ!!


もぐもぐもぐ。


む!!?


美味しくない訳ではない。
だけども食べて感じた事を正直に書く。


山椒というのは、ウナギの臭みや脂っこさを抑える効果があるわけで、
臭みと油分の強いウナギであるから
かなりの量をかけて一緒に食べてもウナギの持ち味は消えない。

しかし牛丼と一緒に食べると、
山椒が強すぎて、牛の風味が完全に消えてしまう。

またひつまぶしは
ダシがウナギの味を薄める結果になるのだが、
それでもなお、濃すぎるウナギは味が消えることがない。

しかし牛まぶしにだし汁を入れると、
牛の味がかなりぼやけてしまった様に感じた。

もし、これからすき家に行く人は、
以下に注意して欲しい

・粒山椒の投下量
・だし汁をかける量

いずれもかなり少なめがおすすめかも知れない。
足りなかったら追加する感じで。

牛の風味を生かす食べ方を、各員、研究して欲しい。

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS