Page up▲

PS3 Naoten、運命に打ち勝つ

PS3の電源ボタンを押しっぱなしにすると、
ランプが緑色に光る。

ウォォォ~~~ンとうなり声を上げ、
オレのPS3は軽快に活動を開始する。


しかし……………。


直ぐ様、ランプは黄色に変わり、直後、赤点灯し、
起動音は止まってしまう。

何度やっても同じ。
こうしてPS3は起動しなくなってしまう。

この症状、
Yellow Light of Deathの頭文字を取り、
YLODと呼ばれる。


NaotenのPS3を襲ったのもこのYLOD現象であった。

(以下、追記へ。)

この現象の正確な原因は分かっていないが、
主にハンダのクラックが原因だと言われている。

超高熱になるPS3であるので、
熱により、ハンダが膨張したり、収縮したりする。

この際にハンダに気泡が入り込むと、
ひび割れたりしてしまう。

これをハンダのクラックと呼ぶらしい。

Naotenが過去の記事で「炙る」と言っていたのは、
人為的に外側から高熱を与えることにより、
ひび割れたハンダを再融解させ、結合させる処理のことであった。

時間はかかるがドライヤーでも直る、と言う噂を聞き、
PS3を分解したのが6日前。

CA390878.jpg
6日前、ドライヤーで復帰を試みている所。結論から言えば、熱が足りなかった。

必死にドライヤーをあてるが、
再構築後、起動しなかった時には冷や汗が止まらなかった。


そこでヒートガンを注文したのが5日前。

ついに最後の勝負に出る時が来たのだ。


誇りを掃除機で吸いながら分解し、
古いグリスを拭きとり、ヒートガンをあて、
再度CPUグリスを塗り、蓋を閉めて…。



スイッチを押す、
ピッ…


ウィィィィ……。





───神様!!!





…………ゥゥゥウウウウ!!!!






涙



2月17日 22:58
ついに、PS3が再起動した瞬間であった。




CA390850.jpg
懐かしのPS3画面!!



PS3を元の位置に戻すのも停止し、
オレには何よりも先にやることがあった。



それはディスクの取り出しであった!!





CA390849.jpg
Naoten「おかえり…桐乃。」
桐乃「チッ…………、…だ…いま。べ、別に会いたかった訳じゃないんだから、勘違いしないでよね…。」





さあ、行こう…!!

キャサリンが待ってる!!



パッケージPS3キャサリン


明日も、おそらく土日も仕事だけど。

今夜ぐらいは…。


神様、もう少しだけ。

images_20110217233339.jpg



こうして、Naotenの夜は更けて行くのであった。




                            Fin.




PlayStation3を分解する際に保証シールを剥がしてしまうと、
有償、無償に関わらず、SCEから一切の公式サポートを
受けることが出来なくなります。

分解、修理はその点を十分留意し、ご自身の責任において行って下さい。


Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2011/02/18 00:49 [Edit]
Nameぼぶ ぼぶ's Mail Addressぼぶ's URL

おお、おおぉぉぉ! おめでとぉぉぉーー!(´▽`)

まさに一念、石をも貫く!だね!

私は今裏終わり、キャサr…だめだ、、眠い^^;
特典CD聴いてねます゚(゚´Д`゚)゚。

ナオテン、ゆっくり楽しんで下され~~(´▽`)

明日以降追いかけますw

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS