Page up▲

FFXI ファントムフルーレとスーパーマンに成れなかったボク

メイン5ジョブのうち、後はコルセアのみがレベル90になっていないNaoten。
(からくり、学者、ナイト、召喚は90)
そんな今日とて、ちまちまとドミニオンでレベル上げをしていた。

同時に数々のクエやNM討伐をこなし、
ようやくコルセアも、全部位の装備がエンピリアン装束+1となる。
(からくり、ナイトも5部位入手。召喚は4部位。学者は1部位。)

コルセアのエンピリアン装束の方向性というのは、
DD要員としての方向性を突き詰めた物だ。

ナバーチアタイア+1一式と、ナバーチチョーカー、ナバーチマント
ナバーチピアスを全部位装備した際のパラメータ上昇は以下。

防189 DEX+6 AGI+24 命+13 飛命+45 飛攻+10
魔法命中率+25 魔法攻撃力アップ+3 射撃スキル+5
ストアTP+6 ラピッドショット+7 クリティカルヒット+4%
クイックドロー能力アップ
トリプルショット効果アップ
スナップショット効果アップx2
(ロール効果アップ系は掲載割愛。)



特筆すべきは飛命の壮絶な上昇量。

今更、射撃スキルBのコルセアに射撃を?


いやむしろ、メリポ時代のコルセアに、
果てしない違和感を感じ、射撃に力を入れていたNaoten。
(光杖背負って、釣りにケアルにロールに、のアレ。)


コルセアの方向性はコレで良い。
コレで良いのだ。


メイジャンの武器も、
射撃しかなかったコルセアである。

狩人に次ぐ、射撃アタッカーの地位を目指す方向性だ。

であれば、この方向性に飛び乗るとして、
あの武器が必要となるのではないか?

その名も「ファントムフルーレ」。

今ならばあの名剣を入手できるのではないか?
レベル上げを途中で辞め、からくりに着替え、
ウソップと共に機船に飛び乗った。


(以下、追記へ。)

機船航路にてナシュモ⇔白門をただひたすら往復するNaotenとウソップ。

昼間、リブロ(本屋)で買った修羅の門 第二門(漫画)を読み終わり、
かの孫子の兵法の書(翻訳、解説本)を読み始め、
ここで戦いの勝ち方を学んで、どこで活かす気なんだ俺?
っと言う自問が出始めた頃、(ま、人生も戦いの連続ですからね…。)
ファントムフルーレを落とすNM Proteusがポップした。


Proteus.jpg


ジュワタコ並みの攻撃回数と用語辞典にあった。
しかし回避装備のからくり士にとって、
その攻撃のほとんどは無効となるはずだ!!

そして鍛え上げられた拳により、
すり潰すことも造作も無いはずだ!!


そーれ!!潰しちゃうよ!!?☆





Proteusの攻撃→
幻影1体がNaotenの身替りとなって攻撃を受けて消えた。

Proteusの攻撃→
幻影1体がNaotenの身替りとなって攻撃を受けて消えた。

Proteusの攻撃→
幻影1体がNaotenの身替りとなって攻撃を受けて消えた。


Proteusの攻撃→Naotenに、96ダメージ。

Proteusの攻撃→Naotenに、102ダメージ。



ブベラッ!!?
ハブアッ!!!!?



瞬間的に失われていく空蝉と、HP。

ば、馬鹿な!!?


ちなみにこの時の装備は以下。

このステ

()内は上昇回避

タイパンファング+2(20)
皇帝羽虫の髪飾り(10)
幽界の耳(5)
アンタレスハーネス(8)
ヒードリング(3)
PTバブーシュ+1(5)


このスキル


スキルがメリポ4振りで8と
イベイジョントルクで7、ボクサーマントで10を足して360。
回避値に換算すると344。

AGIが106なので53の回避アップ。
からくり士は4段階の物理回避アップ特性で+48。

前述の装備品の合計で+51。

これらを総合すると、
Naotenのからくり士の回避の合計は496と言うことになる。



なのにからっきし避けない(笑
(しかもマトンのブラインが入っているのに。)


タイパンファング+2
走馬灯の様に蘇るタイパンファング+2を作った日々。
3匹居るが、クラスター族ではない。




肝心の攻撃もミスが頻発。
慌ててクラブスシを食すNaoten。


アビセア内でアレほどスーパーマンだったのに、
これが現実なのか!!?

一緒に戦っているウソップなんか、
アビセア内でさえ、大して力も出せなかったのだ。
現実では推して測るべし、である。



こんな二人では
機船が港に到着する迄に、
こいつを討伐出来ないのではないか!!?


奴との戦い
しかし戦闘は継続してゆく。



からくり士はモンクではない、百烈拳…などあるわけがない。
ウソップはシーフで来ている。イーグルアイがあるわけでもない。


何か、打開策は無いか!!?



万事休す。


そう思った矢先の出来事である。




Proteusの攻撃→Naotenに、82ダメージ。

Proteusの攻撃→Naotenに、116ダメージ。


クルッ!!(振り向く音)



Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。
Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。
Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。
Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。
Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。
Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。
Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。
Proteusの攻撃→Usoppに、ミス。


えっ!?

う、ウソップ!?
ぜ、全部避けてるって一体!!?
よくみりゃ、攻撃も結構強く、タゲも奪われる訳だ!?


ん、んなくそー!!

Naotenは連環六合圏の構え。
→Proteusに1012ダメージ。


クルッ!!(振り向く音)


う、うへへ!!どうよウソップぅ!!?



不意打ち→アサシンチャージ→シャークバイト


ウソップ「衝撃貝(インパクト)ォォォ!!!」


→Proteusに1606ダメージ。

技連携・分解→Proteusに1092ダメージ。


クルッ!!(振り向く音)



アガガッ!!?


い、いやまて!?
こ、これでいいのだよ!!当たらないのだ!!
当たらないウソップがタゲを取るのが良いのだ!!

慌てて攻撃装備に着替え、戦闘を継続。

流石にこちらを向く頻度が上がるが気にしない!!


スーパーマンに成れなくったって構わない。
ただ、この戦いに勝てる力を!!

魚(ウオ)ォォォォ!!!
穿けぇ!!!!

必殺!!連環六合圏!!!




牛のような鳴き声と共に、Proteusは動くのを辞めた。


そして!!






ファントムフルーレ
シャークネックレスをロット確定する間も無く、船はナシュモへ。
闇に消えるシャークネックレス。
残時間はほとんど残されていなかった事が伺える。



無事ドロップ!!
勝因は、途中からの攻撃装備への変更と、
ウソップの予想以上(それこそからくり士以上)の強さであった。


ファントムフルーレ性能
俺はこれで新たな時代を超えてゆく!!
ちなみにバルカンスタッフはSTRと飛攻が上昇するが、STRは射撃WSには恩恵が少ない。
それがこの名剣を選んだ理由である。
レア属性がついてないのでもう一振り欲しいところだ。



今回感じたのは、自分の非力さと、ウソップ(シーフ)の強さ。
そしてアビセアから一歩出た後の、現実の重力の強さ、であった。
(アビセア内でウソップが弱い、と書いたのは、
 思えばウソップは、有用なアートマをあまり所持していないからだ。)

パワーインフレが進んだアビセアは一つの可能性の世界だ。

アートマや支援効果の無い世界ではこうは行かない。

こんなどうにもならない厳しい世界だからこそ、
装備の積み重ね、プレイヤースキルの影響が色濃く、
また頑張ろうと思えるのだろう。

なんだ、FFXIは本質的には何も変わっちゃいない。
そう感じ、安堵の溜息を漏らす。

ファントムフルーレを握り締め、
Naotenはコルセアレベル上げに戻るのであった。


Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS